きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

大手キャリアからプランを選ぶ -親のケータイを悩む-

今まではSIMフリースマホとMVNOのプランから親のケータイを考えていましたが、今回は大手キャリアから考えてみます。

スマホとガラケー

SIMフリーに比べて大手キャリアになるとシニア向けのスマホの選択肢が少し増えますし、ハイエンドなスマホも視野に入ります。しかし、大手のスマホ向けプランは月々の料金がぐっと高くなるので簡単に親には進められない。ガラケーて考えてみます。

ガラケーだとシニア向けの文字が大きめになっていたりする機種があり、そうじゃなくても操作はスマホに比べて簡単なのでシニアにはいい選択と思われます。 一時期はガラケーはかなり下火になっていましたが、最近では出荷台数も増えいて、さらにOSにAndroidを使った最新型もdocomoやauから出てきましたから将来性も少しはあるということで進めやすいですね。

プラン

機種代金は子供世代の私がプレゼントするとして月々の使用料は親に負担してもらうことを考えています。そうなると新料金プランのかけ放題も選べれますが、それよりももっと安価なプランを狙いたい。docomoで話をすすめると、待受中心でたまに電話かけたりメールしたりするならタイプシンプルとパケホーダイシンプルかな。これだと最低1045円+税金から運用できます。

タイプシンプル バリュー743円/月
i-mode300円/月
パケ・ホーダイ シンプル0円~4200円/月
ユニバーサル 2円/月
合計1045〜5245円/月

もう少し通話したいならタイプSSにして1236円/月で、 メールも通話も無料通信料内で抑える。 パケットが青天井なのが気になるのなら タイプSSにパケホーダイダブルを追加して最低1608円/月から運用できます。

タイプSS バリュー934円/月 1000円分の無料通信
i-mode 300円/月
ユニバーサル 2円/月
パケ・ホーダイ シンプル 372円~4200円/月
合計1608〜5436円/月

auの場合も同様のプランがあるので同じ金額で運用可能です。

まとめ

ガラケーで待受中心なら1045円で運用できるんですよね。この金額なら親にも進めやすい。
新しい刺激としてのSIMフリースマホがいいか、安定のガラケーがいいか、悩みますね。


親のケータイを悩む - きっと明日はいい日になるっ

シニア向けのSIMフリースマホは? -親のケータイを悩む- - きっと明日はいい日になるっ

親のケータイプランをMVNOで考える -親のケータイを悩む- - きっと明日はいい日になるっ

データプランと音声通話プランから考える -親のケータイを悩む- - きっと明日はいい日になるっ

スポンサーリンク