きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

日常の気付きを記録するためにメモ帳を持ち歩く

いつも持ち歩いている測量野帳をはじめと メモ帳について、私なりのメモの運用方法をまとめておきます。

いつもメモ帳を持ち歩く

日常で気付いたことをすぐに記録できるようにノート・メモ帳をいつも持ち歩いています。 思いついた時に記録しておかないと忘れてしまうんですよね。「あれっなに思いついたんだったかなぁ」って。

思いついたこと、気付いたこと、仕事のアイディア、その時の感情、そしてToDoメモ、とにかく思いついた時に記録できるように。

ペンはいつでもどこでも準備しておく

いつでも書けるようにボールペンはいろんな所においてあります。同じ一本を持ち歩き使うでもいいのですが、気を付けていないとボールペンが一人で旅に出てしまうことがあって書けない!ってことになるので、行く先々にボールペンを置いてあります。

”「結果を出す人」はノートに何を書いているのか”を参考に、仕事用・プライベート用の鞄、会社の机の上、リビング、いつもいる場所、使う鞄にボールペンを配備する。これなら持ち歩くのを忘れたってことにはならないですよね。

メモ帳は一時保管場所

私のペースだとA6ノートですと3ヶ月から4ヶ月で使い切ってしまいます。せっかく気付きを記録しても4ヶ月程度しか持ち歩けないのですよね。

もう少し参照できるようにしたいのと、メモはアプリはPCなどいろんなツールにもしているので能率手帳に転記することにしています。転記するときは日次レビューもかねて記載事項を集約して・文章を補完して転記し、後日読んだ時にその時の考えが思い出しやすくしておきます。

また、一時保管と割り切ることでメモをするときに単語だけだったり、走り書きだったり、残しておくことを意識することなくメモに集中できます。

まとめ

私流のメモの運用方法をまとめました。 メモをとるようになって、日々の生活で気付き 増えたと感じています。
メモ習慣っていいですよ。

関連記事

能率手帳に分散したメモを一元管理する - きっと明日はいい日になるっ

スポンサーリンク