きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

iPhoneをモバイル通信OFFや機内モードONで運用する理由

ガラケーとiPhoneの2台持ち運用をしていますが、 iPhoneは機内モードで使用するときだけ通信するようにしています。 この機内モードでのスタンバイについてまとめます。

メール、SNSが気になって

ガラケーにはキャリアメールしか受信できませんが、iPhoneにはキャリアメール・Gmail・outlook・Yahooメールと 複数のアカウントのメールが受信できるようになっています。 それぞれのアカウントはネットショップのアカウントに使用していたり、 Webサービスのアカウントに使用しています。

ネットショップを利用すると「そのショップのお買い得情報を届けるためにメールを送信してもいいですか?」 とか、「Webサービスの利用に有益な情報を送ってもいいですか?」と 聞かれると思うのですが、お得情報に弱いので「はい」と答えてしまって 毎日結構な数のメールがiPhoneで受信しています。

また、Twitterなどの新着通知も合わせて、 これがぽつぽつとやってくるのでそのたびに 「何だろう?」って気になったり、iPhoneをのぞいたりして。 集中して作業していたら台無しですね。

モバイル通信OFFや機内モードONでノイズをなくす

SNSやメールの受信、ノイズをなくすために iPhoneを使わない時はモバイル通信OFFや機内モードONにしています。 モバイル通信OFFも機内モードONもデータ通信をしないので メールもSNSも新着があったかどうかをiPhoneはチェックしに行かなくて とっても静かなものです。

休憩のときにモバイル通信ONも機内モードOFFにすると どっとメール・SNSの新着がiPhoneに来てとってもにぎやかに着信音が響きます。 たぶん初めての人がいたら驚くかと。

急ぎの連絡はメールではなく電話で来る

急ぎの連絡があるかもしれないからモバイル通信OFFとか機内モードONはいやだと 思われるかもしれませんが、そもそもメールに急ぎの要件を託してはいけないし、 急ぎで連絡したい人はメールにだいたいは頼らない、電話で連絡してきます。

VoLTEを使用していなければ、モバイル通信OFFですと電話は使えるので着信は可能です。 機内モードONですと全ての通信・データ通信と音声通信が使えなくなってしまうので 私のように2台持ちの方か、緊急の電話ですらノイズと感じる方(!)におすすめです。

バッテリー消費が低減されるご利益も

iPhoneはバックグランドでデータ通信をしてメール着信の確認やSNSの確認をしています。 モバイル通信OFFNではデータ通信をしないのでバッテリーの消費が緩やかになります。 機内モードONだと電話の着信すら確認しにいかないのでさらにバッテリーの消費が緩やかになります。

私の職場はどうも電波状況がよくなくて通常の使用だとバッテリー消費が激しく ほとんど使用しなくても毎日充電する必要がありましたが、 機内モードONで使用時だけOFFしているので3日程度はバッテリーが持つようになりました。

まとめ

2台持ちの方やメール・SNSが気になってしょうがない方、 バッテリーの消費を緩やかにしたい方、 機内モードONやモバイル通信OFFはお勧めですよ。

スポンサーリンク