きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

自動車の運転中は耳を活用して有意義に過ごす

皆さん、ひとりで自動車を運転しての移動の時ってどうしていますか? CDとか聞きながら運転ですか? ラジオ聞きながらですか?

私は1時間ぐらいの移動をする事が多くてその時はFMラジオを聞きながら運転していることが多いのですが、せっかくまとまった時間があるのだからラジオやCDを聞きながらってちょっともったいない気がしていて。どうしたらいいのかなぁってところをまとめてみます。

運転中でも耳はまだ活用の余地あり

運転中はシートに腰掛けて手でハンドルを操作しているし足でアクセルとブレーキを操作して目は周辺の状況を見ていて体の至るところがフル稼働ですがそれでも実は能力を余しているところがあるんですよ。

それは耳。

耳は周辺の音を聞いているんですが体の他の場所に比べればまだ能力を余している。運転中でも耳は活用できるわけです。

運転中に語学を聞いて学習する

耳だけを活用してできることと言えばすぐに思いつくのは語学でしょうか。英語のリスニング教材やラジオ英会話などを運転中に聞く。車中にひとりということを活用して教材に併せて大声でフレーズを言ってみたり。

ただ、自動車を運転しながらのリスニングは注意が必要で、あくまでも車の運転をしているので音量がそんなに大きくできないので隣に大音量の車が来たら英語が全然聞こえなくなってしまったり、ナビが「右折専用車線があります」とか「踏切があります」とか気をきかせて教えてくれるとその部分が聞き取れなかったり。まぁ、何度も同じ教材を聞く気でいれば問題ないですけどね。

運転中にオーディオブックで本を聞く

耳だけを活用といえばオーディオブックもあります。車を運転しながら本も読めてしまうわけでなんだか得した気分です。

オーディオブックの場合には、日本語でしゃべっているわけで、聞き取りながら運転しながらその内容について考えることができて。特に対話形式の本だと主人公になったつもりで考えてみたりして、普通に本を読んでいるよりもその内容に入り込みやすいと思いますよ。

以前、「嫌われる勇気」を聞いていたときは、ホント、しっかり二人の視点で考えながら聞くことができて、「これっ、本だったら1読目でここまでは深く考えれなかっただろうな」って。深く考えることができたし、また読んでみたい(聞いてみたい)本になりました。

運転中にひとり考え事をする

ちょっと視点をかえて、せっかく一人でいるのだから、考え事をするのもいいですよね。もちろん、運転に気を配りながらですよ。

CDやラジオをBGMに聞きながらでもいいし、何も音楽をかけなくてもいい。

都市部だと歩行者やバイクなどに気をつけないといけないから難しいかもしれませんが、市街地じゃなければしっかり考え事もできます。

よく、夜に車を運転していると気がついたら考え事をしていて、いいアイディアとかブログネタとかが思いつきます。しっかりと膨らまして、反復しておかないと、メモをその場で取ることができないので車降りるころには忘れてしまっていることもあって、注意が必要ですけどね。

まとめ

運転している時間も無駄にせず、有意義な時間の使い方をしたいものです。

でも、運転以外に集中しちゃってくれぐれも事故のないように。

FeBe

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

スポンサーリンク