きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

安く紙の書籍の購入したいから古本も視野にいれてみる

皆さん、本って本屋で購入されますよね。 電子書籍も紙の本でも本屋や本屋のオンラインショップ。

昔から知っていたけどあまり触れては来なかった古本、最近気になりだしてきて。今回はこのあたりをまとめてみます。

古い本でも気にならなくなってきた

皆さん、古本って購入されていますか? 私、本といえば新品ばっかり購入しているんですけど、以前はちょくちょく古本を購入していました。通っていた学校の近くに古本屋ができて、そこでよくエッセイとか小説とか買ってみたり、マンガ本を全巻大人買いしてみたり。マンガ本はもう連載が終わってしまった本のまとめ買いが多かったですね。連載しているのはこつこつと新品を買っていたりしましたね。やっぱり私の中で新品がいいっていう信仰があるようで新品で購入できるのは新品で買っていました。

ずっと前から図書館を利用して本を借りて読んでいるのですけど、図書館の本って基本的には古い本じゃないですか。新品の本ももちろんありますけど、大体が多くの人に読まれた古い本。

図書館を利用していてどんどん古い本が気にならなくなってきて。何も新しくなくても情報としては同じだよねって。最近は本を買うのに古本も視野に入れるようになってきました。

古本は安く購入できる

古本って出版されたばかりの本だとやっぱりそれなりに高いのですけど、出版されて時間がたった本などはかなりお安く売られているんですよ。

KindleやKoboなどの電子書籍は紙の本よりも少し安い設定が多いけど、古本はそれ以上に安い、半額とか1/3とか。5冊まとめ買いしても1000円行かない場合だってある。

もちろん古本だと、ものによっては汚れとかが気になるものもありますけど、情報としては汚れていても新品でも変わらない。情報としては古本も新しい本も同じな訳でそれが格安で購入できる、これはいいですよね。

今ではネットで古本が購入できる

書籍だとAmazonとか楽天とか、ネットで買うことが多くなりましたよね。私も実店舗で買うことがぐっと少なくなってしまいました。 日常、忙しくしているのでゆっくり実店舗にいって本を選んでいる時間が惜しいと言うこともあるんですけどね。

最近だと古本もネットで購入できるんですよね。 ブックオフオンラインとかネットオフ、Amazonでも古本は購入できる。

新品の本を購入するのと同じ感覚でクリックすれば古本が自宅に配送されてくる。ショップによっては買い取りだってネットから申し込むことができるんですから、世の中便利になりましたよね。

新品の本を購入して著者への応援も

古本で気になるのが、どれだけ本を購入してもその本を書いた著者へは直接的には還元されないということ。

その古本がとってもすばらしい本ならば、次回の新作は新品で買うなどの還元はありそうですけど、直接ではない。

なので、お気に入りの著者とか、図書館で読んで是非手に入れたくなった本とかは、著者への還元を配慮して、新品を本屋で購入するのがいいのかなと考えています。

購入ということで著者を応援したいですからね。

まとめ

最近、私の中で気になりだしてきた古本という選択についてまとめてみました。

新しい本もいいですけど、結局メモなど書き込むのなら古本という手もありかもしれません。新品だと書き込むのに躊躇するけど古本なら気分的に書き込みやすいとか。

皆さんも、古本という選択、いかがでしょうか?

www.bookoffonline.co.jp

www.netoff.co.jp

スポンサーリンク