読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

シンプルな体重管理アプリRecStyleで体重の増減をチェックする

皆さん、体重管理してますか? 健康診断で測定する程度でしょうか。

私、少し前まで毎回健康診断で少し太り気味ってありがたい指摘をいただいていて。それがどうしたって感じだったんですけどやっぱり気になってしまうわけで。いまでは毎日体重計で体重を測ってます。

体重管理について、少し前からRecStyleというアプリを使っていまして、これが便利だなぁと思うので少しまとめておきたいと思います。

体重の変化に気づくために頻度よく体重測定する

体重なんてそんなに極端に変わることないって考えがちなんですけど、毎日測ってみるとコロコロと変わるものなんですよ。

昨日は歓送迎会で呑んで食べてとか、昨日の晩御飯は大好きなメニューで食べ過ぎましたとか、前日の影響をかなり受けるんですよね。

まぁ、大抵は一気に増えたらすぐにもとの体重に戻るんですけど。 でも、日常的に食べ過ぎだったりすると、体重が増えたら戻りにくい、戻らない。

それでもすぐに食べ過ぎに気づけばなんとかもとの体重に戻せるのですけど、 体重を毎日測定してれば気付けますけど健康診断で確認するぐらいじゃ全然気づけない。

気付いたら肥満体型でしたなんて。

いつまでもすらりとした体型でいたいのに…。

体重管理は「RecStyle」におまかせ

ちょっとした体重の変化にも気づけるように頻度よく体重を測定するがいいと思うのですよ。

ただ、体重を測っただけだと、前日からの体重の変化に気づけても、もっと長い期間での変化は気づけない。 前日との比較だと痩せたけど一か月単位で見たら太っていたりしてね。

せっかく体重を測定するのだから、記録も付けときましょう。 手帳でもいいですし、アプリでもいい。 やっぱり、手軽に便利に記録できるのはiPhoneかな。

私が体重を管理しているアプリはRecStyleというアプリ。

とってもシンプルなアプリで、事前に自分の身長や性別、目標とする体重と体脂肪率を入力しておき、日々の入力は体重と体脂肪のデータを入力するだけ。iPhoneを横に倒せばグラフ化もしてくれる。グラフで見ると体重の増減がよくわかりますよ。

このアプリ、データはdropboxへバックアップも取れる優れもの。dropboxへデータのエキスポートとdropboxからのインポートを対応しているので、バックアップだけじゃなくて、iPhoneとiPod touch間とか、iPhoneとAndroid間とかのデータのコピーにもつかえたり。

iPhoneとiPod touch、さらにはスマホとマルチデバイスで体重を管理したい私には使いやすいのです。

iPhoneのヘルスケアでもいいけど・・・

ヘルスケアにも対応していていて、データを入力するタイミングでヘルスケアに同期するようになっていて。

じゃ、「ヘルスケアだけでもいいのでは?」という話もありますけど、どうもヘルスケアだと入力しにくい感じがして。

RecStyleならキーボードで入力もできるし、メーターを動かしても入力できる。身長を入力しておけば自動でBMIも表示してくれる、体脂肪率だけではない視点で太りすぎかどうかが把握できるわけで。

まぁ、体重管理もそうなんですけど、そもそもヘルスケアってどうやって使いこなしたらいいのかがよくわかっていないですけどね。

まとめ

体重管理に使用している「RecStyle」についてまとめました。 体重については手帳にも記録しているのですけど、自動でグラフが表示されるということでアプリのが使いやすいですね。

皆さんも、いつまでもスタイルよくいるために体重管理、いかがでしょうか?

スポンサーリンク