読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

ちょっと使いのデータ通信SIM用にDMMとFREETELを比較してみた

f:id:dovoltaga:20150520205828j:plain

私は1年ぐらい前の格安スマホCP-F03aを持っているのですけど、 CP-F03aに使っていたSIMはMNPでauに化けてしまったのでここ最近はずっとWifi運用していました。

でも、最近、ちょっと使いのデータ通信が欲しくなってきて。 ガッツリ通信したい場合はauのiPhoneを使うのでデータ容量は少なくてもいいから安いMVNO・プランを探しています。

ここ最近で安いMVNOで話題といったらDMM mobileとFREETELのSIMでないでしょうか。

今回はDMM mobileとFREETELについてまとめてみます。

DMM mobileについて

DMMは全プラン業界最安値というだけあって、どのプランをとってもとっても安いです。 最安値のプランはライトプランの440円。このプランは高速通信はなし、200kbpsの使い放題のプラン。 そこから590円の1GBプラン、770円の2GBプランと小刻みにデータ容量が増えて行って6090円の20GBプランまで10プランが用意されています。 データ通信+SMSプランなら150円を月額料金に対してプラス、 音声通話プランならデータ通信プランに対して700円ほど高くなる。

データ通信のプランなら最低利用期間は利用開始日を含む月の末日までなので必要がなくなったら気軽に解約できる。 音声通話プランだと利用開始日の翌月1日から12ヶ月間の約1年、それ以内なら9000円の解約手数料がかかる。

データ通信は高速通信をOFFすることができるので、メールやブラウザやSNS程度ならば高速通信をOFFにして通信量を節約して、 動画や音楽配信を楽しむ場合は高速通信をONで楽しむなんてことも可能。

さらには余ったデータ通信量は来月へも持ち越せるので多い日も少ない日も安心して使えます。

FREETELについて

FREETELのプランは少し変わっていて使った分だけ料金が変わるシステム。

全く高速通信を使わない場合~100MBまでなら299円、ちょっと使って1GBまでなら499円、 そこから小刻みに増えて行って2470円10GBまで。 データ通信+SMSプランならプラス140円、音声通話プランならプラス700円。

FREETELのプランで特異なところは、最低利用期間がないということ。 音声通話プランでも解約手数料はかからなく、 その代りにMNPの手数料が利用期間によって変わるということ。 たとえば、契約当月のMNPなら15000円、半年後なら10000円、12ヶ月後なら4000円、 13ヶ月以降は2000円と長く使っていればいるほどMNP手数料がかからないようなシステムになっている。

FREETELも高速通信をOFFにすることができるので、最安運用したいなら高速通信OFFのままでの運用もできるということ。 以前、b-mobileを使っていたときが200kbpsでの運用でしたが、 個人的にはブラウザやSNSが中心だったのであまり気にならなくて。 常時、高速通信OFFでの運用もありかな。

DMMとFREETELを比較

f:id:dovoltaga:20151114221412j:plain

両社の最安値を比べるとDMMのライトプラン440円、FREETELの100MBの290円。 200kbpsで問題なければFREETELを選択したのが安くいけそう。

ちょっとデータ通信するってのなら1GB、 DMMは590円でFREETELは499でこちらもFREETELのが安い。

それ以上になるとDMMが優勢。 3GBのプランだとFREETELは900円、DMMは850円。 5GBだとDMMは1210円、FREETELは1520円で両社の差が開いてくる。

そうなると1GB以上使うつもりならFREETELの選択はなさそうかな。

きっちりと高速通信をOFFにして運用してたまに高速通信を楽しむ。 しっかりと高速通信量を管理できるのならFREETELでもいいけど、 気が付いたら1.1GBなんてことになってしまったら900円・3GBのプランになってしまう。

その点DMMならあらかじめ使用するプランを選択してから利用するので 1GBを超えてしまったら200kbpsに通信が規制されるだけ。 DMMなら通信量はDMMが管理してくれるから使いやすいともいえる。

あと、月額料金が1000円を下回ってくるのなら初期投資額、事務手数料を配慮する必要あり。 DMMだと主なオンラインストアで購入できて割引も期待できるけど、 FREETELだと公式ショップからになる。

どの程度の期間使うつもりか、どの程度の通信量を使うつもりかをあらかじめ計算したうえで選択する必要あり。

まとめ

料金だけをみてDMMとFREETELを比較してみました。 実際には、さらに、通信品質という重要な要因があるわけで。

ネットでの口コミも参考にはなるけど、自分が使う環境とか使う時間帯によっても変わるだろうし、 実際に使ってみないとわからないのではないかなぁと思う。

mvno.dmm.com

www.freetel.jp

スポンサーリンク