読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

今日やるべきタスクだけ表示してタスクに専念する

タスク管理

Wunderlistを毎日のタスクに使いだして、私の中ではWunderlistの再発見キャンペーン中であります。

日々のタスクを考えた場合、毎日実施するタスクもあれば週1回のタスクもあると思います。それらが一緒にタスクリストに見えてしまうとタスク数が多くなって確認しにくい!

毎日のタスクでも期日を設定しておくとこのあたり解決できます。

タスクには期日を設定しておく

毎日のタスクなので毎日実施するのは当たり前、だから期日は必要ないと思いますけど、毎日のタスクでも期日は設定しておきましょう。

このあたりたすくまだと期日じゃなくて繰り返し設定さえしておけばいいのですけど、Wunderlistでは期日が必要になります。

たとえば、寝る前の歯磨きをタスクとして登録しておくのなら、 今日登録したなら今日が期日として繰り返し設定は毎日とする。

Wunderlistですと毎日や毎週や毎月という繰り返し設定ができますけど、それ以外もできます。カスタムを選ぶと2日に1回とかも設定できたりします。これ、最近気づいて。このカスタム機能がないことには毎日のタスクを管理するのって難しいですよね。

今日実施するタスクだけを見えるようにして今日のタスクに専念する

タスクに期日を記入しておくと、今日のフォルダに今日が期日のタスクだけが表示されることになります。 ついでに、今週が期日なら今週のフォルダですね。

タスクには今日とりかからなければならないのもあるし、月に1度だけのものもある、時間があったときにやればいいタスクもあるし。

それらすべてが一緒にリスト上に表示されてしまったら、それだけでもお腹いっぱいになってしまいますよね。 なので、タスクリストは今日期日のタスクだけを表示しておきましょう。 今日期日のタスクを眺めながらそれらに専念していく。

Toodledoも期日を設定しておけば今日期日のタスクリストを表示することができるのですけど、Wunderlistみたいに今日というフォルダがあるのが手間がすくなくていいかな。

まとめ

タスクを実施するときには今日期日のタスクだけ表示して、それらを実施することに専念する。

今日のフォルダを今日一日かけて空にしていくのでわかりやすいですよ。

スポンサーリンク