読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

本棚がなくなっちゃったから、今年の読書は電子書籍と図書館を活用する

みなさん、読書されていますか?

わたし、今年は沢山のアウトプットをするために沢山の本を読もうと思っていまして。それもあって年末年始はいつもよりもペースよく本を読みました。

で、本って場所とるじゃないですか。

今回はそのあたりを再度、自分に向けて確認しておこうと思います。

電子書籍を活用して日々読書しています

このブログでも前から書いているのですけど、わたし、電子書籍を活用して本を読んでいます。

会社へ行く列車の中でiPhoneでkoboやkindle読んだり、病院の待ち時間とかまとまった時間が確保できるようなところならKobo touchを持っていったり。自宅だとKobo touchとFire タブレットで本を読んだり。

簡単に購入できて、購入したらすぐに読めて、かさばらないし。電子書籍てとっても便利だと思うのですよ。

紙の書籍で本棚を圧迫

とは言いつつ、紙の書籍も読むんです。

本屋にふらっと行って、一期一会で出会った本を買ってきて読む。

あたりもはずれもありますけど、紙の書籍はとにかく出会ったときに手に入れておかないと次は出会えないかもしれないので、気になったら購入しておく。

気になった本、何度も読みそうな感じがする本だと紙の書籍をあらかじめ買っておく。あたりはずれがこちらもありますけどね。

やっぱり紙の書籍のが読みやすくて、メモしたり付箋したりしやすいし、ぱらぱらめくって目的の場所探すのも楽だし。紙の書籍って電子書籍にはない便利さがあるんですよね。

だから、なんだかんだ言って紙の書籍を買っていたりして。

で、そんなことしていたらですね、本棚スペースがない! 狭い我が家の狭い本棚がいっぱいになってしまった。本棚にも入りきらず、Amazonのダンボール箱で保管しているのもあったり。

わたしの机は本とその周辺は本でいっぱいになっちゃいました。

もうね、家賃の一部は本のために払っている感じですよ。

今年は積極的に電子書籍と図書館から借りることにします

本でいっぱいになったのなら売ればいいという話もありますけど、売るのって少しパワー要りませんか?

どの本を売ったらいいのか、どの本を残しておこうか。取捨選択するでしょ?選ぶのに少しパワーがいるし、売りに行くのにもパワーが少しいるし。

だから、そもそも紙の書籍の購入を控えるというか、電子書籍を積極的に活用しようか、または、図書館で本を借りてきて読むと思っています。

今までは何度も読みそうな本と感じたら読む前に紙の書籍を選択していたのですけど、一度読んでからそれでも読みたいのなら・何度も読みそうなら紙の本を買いなおしてもいいかな。

電子書籍ならkindleでもkoboでもクーポンとか割引とかで安く買えますしね。

まとめ

紙の書籍ってやっぱり所有欲を満たしてくれる部分もあるんですけど、今年は本をたくさん読むために電子書籍を活用しようと思います。

スポンサーリンク