きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

Amazonさんが追い込みをかけてるぞ!プライム・フォトがすごい

じわじわとAmazonさんが追い込みをかけていますね。外堀が埋められた感じです。

今朝、飛び込んできたニュース、Amazonさんがプライム・フォトをはじめるらしいのです。

プライム・フォトは写真専用のクラウドストレージ、容量無制限で解像度の制限もなし。RAWデータも保存可能とのこと。ちなみに写真データ以外は従来からあるCloud Driveに保存されます。

容量無制限の強烈なインパクト

解像度無制限、容量無制限ってデジタル一眼レフユーザーにはとっても嬉しいサービスじゃないですか。しかもRAWデータもO.K。

デジタル一眼レフで撮った写真って数メガは当たり前なんですよね。RAWデータはデジカメのセンサーからのデータそのまま無加工のデータ、RAWになるとJPEGの10倍ぐらいサイズが大きくなる。

最高画質のデータで保存しようとすると通常のストレージサービスだと1ファイルあたりの容量制限で引っかかる。保存するには解像度を落とす必要がある。

写真愛好家としては最高解像度で撮った写真はそのまま保存しておきたいわけですよ。もっと言ってしまえばRAWデータそのままで保存しておきたい。

写真愛好家にとってはとっても嬉しいサービスなんですよ。

Googleフォトだといろいろ気になるところが

似たようなサービスにGoogleフォトがあります。

Googleフォトも容量無制限に写真を保存することができる。

でも、Googleフォトは容量無制限にすると気付かない程度に圧縮されるらしいのです。圧縮なしで保存するにはGoogleドライブの容量範囲内しか保存できません。

大きく引き伸ばしすると違いがわかる程度でしょうけど、撮った写真のまま保存されるのではないってところが気になります。写真愛好家としては。

圧縮ありというのが気になる。

容量無制限が魅力的なのですけど圧縮ありということで、わたしは趣味で撮っている風景写真には使っておりません。家族の写真とかなくなってほしくないデータを保存する・バックアップするのに利用しております。

プライム・フォトとGoogleフォトの使い分け

デジタル一眼レフ片手に一度撮影に行くと4GB程度は当たり前に使ってしまいますし、スマホやコンデジで常に家族の写真を撮っていて、月にすると1GB程度は写真を撮っているんじゃないかな。

今は1Tの外付けHDD 2台にデータのバックアップを撮っていますけどこれからはプライム・フォトにも保存して万全の態勢としようかと思います。

プライム・フォトならRAWデータも保存できますからデジ一のデータ保存に最適です。

スマホ・iPhoneの写真データ保存には今まで通りにGoogleフォト。

スマホから利用がしやすいしマルチデバイスにも対応しているから、iPhoneからもiPod touchからもiPad miniからもAndroidからも、全ての自宅のデバイスから写真をバックアップする。

Googleフォトって顔認証も優れているから後から見返すのも楽なんですよね。

まとめ

最近のAmazonさん、勢いがすごいですね。

プライム・ビデオやプライム・ミュージックなど、わたしの生活もどんどんAmazonさんに取り囲まれてきてしまいました。

月にして330円程度で容量無制限の写真データ保存スペースが手に入ると思えばAmazon Primeはそれだけでも入る価値ありますよ。

www.amazon.co.jp

スポンサーリンク