読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

夢・欲しいもの・成りたい姿のワクワクリストをWorkFlowyに書いていつも眺める・育てる

手帳 アプリ ライフハック

ワクワクすることって、みなさんありますでしょうか?

趣味であったり夢であったり旅行とかであったり欲しいものであったり。

忙しいとワクワクが飛んで行っちゃうんですよね。

わたし、ワクワクすることを見失いがちだったんですけど今年はまとめて眺めるようにしてみました。

ワクワクってなんだったかなぁ

ワクワクすることって、みなさん、ずっと頭の中にいたりしますか?

わたし、忙しくなっちゃうと頭の中が仕事ばっかりになることがあって。

気がつけば何がしたいのだろうって、ホント仕事ばかりというか他人の欲求を満たすためだけに生活している感じにもなっちゃって。

昨年末から今年にかけて2016年の目標を考える機会がありまして。

その時に思いついたワクワクのリストをまた忘れちゃわないよう、常にワクワクを追い求めていられるよう、いつも眺めることができるところに置いておくことにしました。

ワクワクリストを作る

そもそもワクワクって何になるんだろうって所からはじめました。

もう、夢を忘れた大人のリハビリ。

趣味のカメラなど、将来こうありたいとか、こんなカメラ欲しいとか、ずっと健康でいたいとか、ウォーキングがさらに発展してマラソン感想とか、ブログが加速して出版とかね。

夢と欲しいものと成りたい姿とのリストが出来上がり。

ワクワクリストと呼ぶことにしました。

ワクワクを見守る、育てる

ワクワクリストを作っただけじゃ意味がありません。作ったころのワクワクが薄くなってきたときに見返して再インストールしないと。

ワクワクリストはWorkFlowyに記載して見返すようにしました。

自分が成長するようにワクワクも成長・変化していくものじゃないですか。なので、WorkFlowyで成長させましょう。WorkFlowyなら日々成長していく項目を管理しやすいですから。

日々、気が付いたらWorkFlowyのワクワクリストを眺めて、夢・欲しいもの・なりたい姿を再インストール。

また思いついたら項目の追加・変更をして日々育てる。

あと、わたし、手帳好きということで、もちろん手帳にもワクワクリストは記載しております。まずはWorkFlowyに書いてそのあと手帳に転記という流れ。

こちらも毎朝の予定を確認しつつワクワクリストを確認して。

会議予定ばっかりでブルーになっても、ワクワクリストみれば「次の休み何しよう!」ってテンションあがりますよ。

まとめ

目標じゃないにしろ、目指す姿が定まると日々の生活の中で進みやすいかなぁと思います。

さて、わたしのワクワクリスト、これからどう成長していくことやら。

スポンサーリンク