読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

スマホのサイズはどっち 携帯しやすい4インチ、ネットがしやすい4.7インチ

スマホ つぶやき

先日購入したiPhone5c、iPhone6よりも持ち歩いております。

やっぱり、携帯するには小さいサイズのiPhone5cのがいい。ポケットにいれるのにはiPhone6じゃ少し大きいのです。

でも、ネットしたりブログを更新するのには4.7インチのiPhone6のがやりやすい。

今回はこのあたりをまとめてみます。

いつも一緒にいるには小さいサイズのが使いやすい

みなさんはスマホを持ち歩くときどこにいれていますか?カバンの中ですか? ポケットの中ですか?

わたしはずっとカバンの中なんです。

最近のスマホって大きいじゃないですか?4.7インチは当たり前で5インチとか6インチとかあるぐらい。スラックスやジーパンのポケットに入れているとじゃまでじゃまで。

なので、スマホを持ち歩くようになってからはいつもカバンの中に入れてスマホは持ち歩くようにしていまた。

スマホをカバンの中にしまっているとすっと使いたいときに使えないんですよね。 さっと取り出してさっと写真を撮ってとか、さっと取り出してさっとメモを記入してとか。

iPhone5cを使いだしてからは、ちょうどサイズ感がよくて、ずっとポケットの中にいれて移動しております。

プライベートの時はカバンなしでサイフとiPhone5cをジーパンのポケットに入れてふらふらしていたり。

やっぱり、4インチは携帯にいいですね。変にかさばることなく持ち運べる。

4インチならば片手操作ができる

iPhone6を使い出してからは両手でスマホを使い出すようになりました。

わたし、成人男性の中では手が小さい方なので、 片手だと画面の端に指をやろうとするとiPhoneを落としそうで。

片手が荷物等でふさがっている場合は片手で操作しますけど、荷物が床におけそうなら両手で操作するようにしております。

iPod touch以来の4インチであるiPhone5c、ちょうど片手で操作できるサイズ感なんですよね。

駅で列車待っている間にがっつり片手でフリック入力してブログがかけるし、メールの返信もできる。

4インチは片手で操作しやすくていいですね。

ブログの執筆には大きなサイズのが使いやすい。

とはいえ、4インチが常にベストかというとそうではない。

ブログの執筆はiPhone6の4.7インチがいい。

画面上のボタンが4インチに比べて4.7インチはサイズもボタンの間隔も大きいので押しやすい。

フリック入力だけなら、文字入力は気にならないけど、英語キーボードにしたりするとボタンの大きさと間隔がとっても気になる。隣の文字を押してしまう。

携帯するのなら4インチの画面サイズがいいのですけど、ネットを閲覧するとかSNSするとか、わたしのようにブログを書くだとかしだすと、やっぱり画面が大きいのが使いやすいって思うんですよね。

4.7インチといわずもっともっと大きなサイズなら、作業しやすいんだろうなぁと思います。

そうなるとiPhoneSEとiPhone6s plusの二台持ちがいい?

携帯するには4インチのスマホが持ち運びやすく、ネット・作業するには大きいスマホが使いやすい。

ならば、二台持ちとかいいかもしれませんね。

通話とミニマムなアプリをいれたiPhoneSEとがっつり作業するためのiPhone6s plus、って電話二つ持ってどうするのって!

ならば、iPhoneSEとタブレット、たとえばiPad miniかな。

電話とデータ通信端末を持ち歩く感覚ですね。

まとめ

iPhoneSEで4インチがラインアップに戻ってきていろいろといわれておりますけど、実際4インチの端末を使ってみると携帯しやすいんですよね。

携帯性をとるか、作業性をとるか、難しい悩みですね。

スポンサーリンク