きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

今なら実質無料 docomoのガラホ SH-06Gを購入しました

今使っているガラケーの更新月が近づきこのままガラケーを使い続けるのもメリットがなさそうなのでMVNOへMNPを考えていたんですけど、ぐるっと180度戻ってまたガラケーを使うことにしました。

今ならdocomoの公式オンラインショップで実質無料で購入できるんですよ。

ガラホなら実質無料で購入できる

少し前まではスマホなら実質無料って当たり前だったですよね。

docomoのガラケーは実質無料ってなかなか少ない、というかない。

メーカーとしてもスマホへの移行を促したいからね。

でも、ガラホなら実質無料で購入できるんですよ。

docomoのガラホは、どうもそれほど人気がなかった。Wifi接続できないし、お財布ケータイもなし、LTEじゃないし、VOLTEではないし。今までガラケーであった機能を削除してしまった感じ、au版であった最新の機能がdocomo版ではない感じであまり評判よくありませんでした。

そのおかげなのか、在庫がたくさんあまっているのか、公式オンラインショップで実質無料で購入できます。

スマホの実質無料だと、契約するプランが決まっていたりする、かけ放題プランにデータ通信をつけてと月々の料金がかなりな金額になったりする。

でも、ガラホならそんなことありません、FOMAの通話プランもパケット定額も指定なし。つまり、FOMAの通話プランで契約してさえしておけば実質無料で購入できることになります。

オンラインショップで機種更新なら、事務手数料も無料なのでホントただでガラホに交換できる。

ね、お得でしょ。

ガラホといっても通話専用でつかう

ガラホというと、今までガラケーで使っていたOSからAndroidにOSを変更したもの。

物理ボタンとか折りたたみのボディーとか、今までのガラケーの使用感を持ったままOSを更新したもの。

Andoridになったからスマホのアプリを使いたく、LINEとかTwitterとかどうだろうって話題になりますけど、それらを使いたければ素直にスマホを使ったのがいいと思います。

スマホのが画面は大きいし、画面をタッチしての操作感のがやりやすい。

ガラホは通話をメインに考えるべき。

通話専用で考えれば、アプリとかWifiとかお財布ケータイとか無くても気にならない。

とにかく通話できることが重要。

待ち受け時間も長くて、どこに行っても電波がつながる、とにかく通話できる。

最新の(とはいっても一年前の)機種が実質無料で手に入るんですからお得ですよね。

Androidなガラホはバックグランド通信が気になるけど大丈夫

Androidといえば、システムとかでバックグランド通信をしていることは有名なはなし。

ガラホでもバックグランド通信をしてしまいます。

設定でバックグランド通信をOFFできたのですけど、それでも少しは通信してしまうとか。

従来のFOMAのパケ・ホーダイダブルだと、少し通信しただけでパケット上限に達してしまっていましたが、それも改善ました。

15年12月の料金改定でガラホ(SPモード)だとパケット定額の単価がガラケー(iモード)よりもぐっと下がりバックグランド通信していてもパケット定額の下限内に収まるような料金体系になりました。

通話メインでたまにメールをする程度なら、いままでと同じ使い方のイメージで同じ料金に押さえることができそうですね。

まとめ

docomo回線をMVNOにMNPすることをずっと考えていたんですけど、結局実質無料で機種変更ができることでころっと方針転換してしまいました。

SPモードは契約せず、通話とSMS専用機として使っております。

onlineshop.smt.docomo.ne.jp

スポンサーリンク