きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

ノマドするならPOMERAがいいよ

車のリーコールでディーラーにいったとき。 先日、自動車のリコール対応でディーラーにいきました。 作業に1時間ぐらいかかるということで、この時間を活用すべくPOMERAを持って行きました。 というのも、以前ディーラーに点検に持って行ったときにわたしはトラベラーズノートにメモを書いて過ごしていたのですけど、近くにすわっていた方がPCを開いて作業をしている。それを見てノマドスタイルで作業もいいかなと。 待ち時間はずっとPOMERAでかたかたと。書くことだけに集中できるからすぐに待ち時間が経ってしまいました、ブログ記事も1記事書けました。 この経験から今頃、再び、POMERAを見直しました。

POMERAの利点

いろんなブログやWebサイトで何度も語られていることですけどPOMERAは書くことだけに集中しやすいです。キーボードにモノクロの液晶がついただけ。単体ではネットにも接続できないこの端末なんですけどね。パカッと開くとさっと執筆モードにSW ONできるんですよね。

また、POMERAは軽くて小さくて持ち運びしやすいですね。最近のノートPCは軽く小さくなってきましたけどそれでもやっぱり1kg程度にはなってしまいます。POMERAだと400g弱です、ノートPCの半分以下ですね。大きさも半分以下。さっと気軽にデイバッグに入れて持ち運べる。

POMERAのバッテリーは単3電池2本でメーカー仕様では25時間となっています。週1ぐらいで1記事書いているていどなので実際にはどのぐらいバッテリーが持っているのかはわかりません。気がついたらバッテリーが減っている感じ、忘れた頃にバッテリー切れしている感じです。すごくバッテリーが持つんですよね。POMERA単体だとネットには接続できないのでWifiなども気にする必要は全くなく、電源も予備の単3電池2本を持って行けばいい程度なので、外出時にもいろいろと気にしなくてもすむんですよ。

今の時代ネットに接続できない!

POMERAは書くことに集中できるというメリットがあるのですけど、そのメリットを際だたせているのはネットに接続できないということ。

今の時代、ネットに接続できないのってやっぱりつらい。

まぁ、単体ではネットに接続できないんですけど、その代わりにいつも手元にあるiPhoneやスマホでネットにアクセスすればいいです。POMERAで書いている最中に調べたい事柄があったらさっとiPhoneを取り出して調査、そしてPOMERAに戻ってきて執筆再会、まったく問題なしですよね。

POMERAにはファイルの文章をQRコードに変換して表示する機能があります。iPhoneやスマホで専用のQRコードリーダーで読みとって、文章をPOMERAからQRコード経由でiPhoneへコピーできます。この機能があるから単体でネットに接続できなくてもPOMERA内のファイルをEvernoteでもOneNoteでもどこにでもコピー可能。

POMERAで書いたファイルをQRコードに変換し、そのQRコードをiPhoneで読みとってクリップボードへコピー、そこからいつも使っているTextForceにコピーして保存、同時にDropboxにも保存される。POMERAからクラウドドライブ上保存する流れができます。

単体でネットに接続できなくても全く問題なし。むしろネットに接続できないから、書くことに集中できる、書くことだけに集中したハードにできる。

まとめ

いつもは自宅でPOMERAを使っているのですけど、たまにはPOMERAと一緒にカフェでのんびりするのもいいかなぁと思いました。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク