読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

24時間トラッキングログは何で集計すべきか

たすくまとTaskChute.cloudとTogglを使用して24時間タイムトラッキングをしております。

自宅ではiPod touchにインストールした”たすくま”でログを取る。会社ではTaskChute.cloudでログを取る。会社と自宅以外となる外出先ではTogglでログを取得する。それぞれのログはGoogleカレンダーにインポートして集約して隙間時間がないか確認をしております。

会社での行動はTaskChute.cloudでログ取得をしているので業務としてのレビューはTaskChute.cloudのレポートを見ればいい。

問題が会社以外のログ。自宅の”たすくま”と外出先でのTogglのデータを集約したいと考えています。

自宅のPCにそれぞれのログを持ってきてゴリゴリと集計するという手もありますけど、PC作業となると立ち上げて作業してシャットダウンして30分以上はかかってしまう。毎日は厳しいかな。だからなるべく自宅でのPC作業はなしで実施していきたい。なるべく手間がなかからず集計する方法はないものかと悩んでおります。

今検討している集計案をまとめます。

トラッキングログの集約案

”たすくま”に集約

TogglのデータをiPod touchのたすくまへ転記して集約する方法です。

メリット

レポートはワンタップでEvernoteに保存される。EvernoteにはCSV形式のログも添付されるからExcelゴリゴリ分析するのにもいい。

集約後はレポート機能でグラフ化できる。

デメリット

外出先でのTogglデータはたすくまに手で転記する必要がある。

平日だと数項目、その程度なら転記するのもそれほど難しいことではないと思う。ただ、休日だと1日外出していることもあり項目数が多くなる。その場合はどうしたものか。

メインで使用しているiPod touchだけに集約後データがあるわけで、iPod touchがないとログが眺められない点が少し不自由。

Togglに集約

”たすくま”のCSV形式のログをTogglへインポートして集約する方法です。

メリット

PC・デバイス問わず、ネットがつながっていればいつでもログを見ることができる。レポートを確認することができる。

デメリット

”たすくま”のCSV形式ログの加工が必要となるのでPCでの作業が必要。自動化できれば問題ないだろうけど、そうでないと毎日は厳しいかな。

Evernoteへの転送は自分で行うことになる。こちらも自動化したい。

まとめ

どちらの方法も一長一短がありそうでなかなか選択できない。

どちらも試してみてワクワクできる方で行こうかなと考えております。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

taskchute.cloud

Toggl Work Time Tracker

Toggl Work Time Tracker

  • Toggl
  • 仕事効率化
  • 無料

スポンサーリンク