きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

資料をバシバシすてるためにiPhoneで撮ってEvernoteに保存する

最近オーディオブックで読み終えた”ぼくたちに、もうモノは必要ない”の影響もあって、身の回りの不要なものを捨てることを心がけております。

会社の机にしまってある資料は電子データが存在しているので気持ちよく捨てることができるのですけど、プライベートでため込んで切る資料がなかなか捨てれなくて。

対策としてiPhoneで撮ってEvernoteに保存して捨てるようにしております。

なかなか紙の資料が捨てられなくて困っていた。

わたしの場合、外出したときによく気になるイベントのパンフレットをいただいて来たり、気になる施設のパンフレットをいただいて来たりします。また、訪れた施設のパンフレットも記念にもらってきたりして。今は使わないけどいつか使うことがあるかもしれないからとりあえずと。

いつか使うつもりでいるから捨てることもなくどんどんたまっていく。これって、冷静に見るとなかなか見返す場面って少ないんですけど、それでもなかなか捨てられない。気がつけば多くのパンフレットやカタログに囲まれていて。

たくさん資料があると、本当に必要な資料に簡単にたどり着けなくなってしまうんですよね。

iPhoneで撮ってEvernoteに保存しておくことにした。

玄人さんには当たり前のことかもしれませんが、パンフレットやカタログを捨てるためにiPhoneで写真を撮ってEvernoteに保存することにしました。

iPhoneのカメラの性能ならA4ぐらいの紙なら撮影に特別な意識を必要とすることなく細かい字も読めるように撮れます。だからスキャナ代わりにサクサクと写真を撮ってサッと捨てるようにしてますよ。

外出先でパンフレットをもらってきたら、帰宅後はしばらくその紙面を堪能、必要な情報を得たら捨てるか保存するか判断する。捨てるなら必要事項をサッとメモしてさっと捨ててしまうし、保存しておくならFastEver2でサッと撮ってから捨ててしまう。

見返したいと思ったらEvernoteで検索して引っ張り出してくる。画像中の文字列も検索で引っかかりますが、写真の撮り方によってはダメな場合もあります。検索に引っかかりやすくするためにノートのタイトルにキーワードを入れておくとかノート内にキーワードを散りばめておくと見つけやすいですね。

まだ、見るかもしれない資料しかこんな具合に捨てられないですけど、これだけでも机の周りをかなりスッキリさせることができました。

まとめ

片付けてスッキリしていくのは嬉しいですね。

もっと速く綺麗にスキャンするため、ドキュメントスキャナーが欲しくなってきちゃいました。

関連記事

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク