きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

雑誌読み放題に契約したら逆に雑誌を購入するようになった

kindle unlimitedや楽天マガジンなどの雑誌読み放題サービスに登録してから、実は紙の雑誌を購入する増えてきました。それまではほとんど雑誌は購入しなかったんですけどね。

今回はこのあたりをまとめてみます。

ほとんど雑誌は読まなかった

今まではほとんど雑誌は読みませんでした。書店によって、たまに気になる雑誌があれば買う程度で全く定期購読はなし。

欲しい情報はネット上のニュースサイトで読めるしニッチな事柄ならばネットで検索すれば見つかる。比較的最新の情報でもネットで入手できるからほとんど雑誌は購入しなかったです。さらに情報の深堀したければ専門書とか購入しますしね。

それが、雑誌読み放題サービスに契約してからは実は少しづつ雑誌を購入するようになってきました。逆に雑誌を購入しなくなると思うのですけどね。

手元に置いておきたくて購入する

なぜ雑誌を購入するかといえばその情報を手元に置いておき何度も見たいから。

楽天マガジンなどでざっと雑誌に目を通していて「この情報、何度も見たい!」という記事がいくつかあります。

楽天マガジンやkindle unlimitedでは雑誌によってはバックナンバーが読める期間が決まっていまして、いつまでもその雑誌を読むことができるとは限らない。短い雑誌では最新号とその前の号だけが読むことができて、それ以前のものは読むことができないこともあります。

kindle unlimitedですと、ある雑誌はバックナンバーがいつまでも読めていたのに、気が付いたら最新とその前だけになっていたということもある。

そうなると手元に置いて何度も見返したいとなると購入して手元に置いておくのが一番安心となりますから。

気になった雑誌は、いつの間にか読めなくならないために、紙の雑誌として購入したり電子書籍として購入するようになりました。

付録が欲しくて購入する

気になる付録があった場合には電子書籍版では手に入りませんから購入するしかないですね。

この手のものはあまり引かれないのですけど、それでも気になる物がありまして。リアル店舗に行く機会を見つけて購入するようにしております。

そもそも雑誌をあまり読まなかったので付録の情報は入ってこなかったということが大きいかもしれませんけどね。

これもインプットの機会を増やしたことで得られた情報

今まではほとんど雑誌を読むことがないために、ここで言う手元に置いておきたい情報なんてものはなかったわけです。今まではネットやブログで集めてきた情報から関連書籍としてあった専門書を購入していた程度。

専門書となるよりも新しい情報、専門書として発行されるには小さすぎる情報など、雑誌読み放題を読むことで入手できるようになったことであり、その結果として雑誌を購入している。

雑誌読み放題サービスを始めてから雑誌を購入することが増えたという、いわば逆転現象が起きているのですけど、これもインプット量を増やして情報に敏感になってきた成果ではないかと考えております。

まとめ

インプットがインプットを呼ぶということでしょうか。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク