読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

ガラホと2台持ちならばiPhoneはデータSIMで十分、auを解約してmineoのシングルタイプにしました

わたしのiPhone6はauと契約して使用しておりました。

今月はそのauとの契約更新月でしたので、先日auとは解約してきました。

残ったiPhone6はmineoのシングルタイプで運用です。

今回はこのあたりをまとめてみます。

auとの契約はオーバースペックだった

2年以降は月使用料金が高くなる

auとは携帯電話としてiPhoneを契約していました。

当時はMVNOからのMNPでしたのでいろいろと割引ももらえて機種本体価格を考えると月7000円近くの利用料金も悪くないと考えておりました。

このまま使い続けると各種割引が終了してしまうために月使用料金が2000円ほど増えてしまいます。

iPhone7やそれ以降の機種への変更を視野にいれてしまうと、MNPや新規なら各種割引サービスがあり機種代金が実質的に安くなりますけど、機種変更だと割引率がとっても少なく。このままauにとどまり続けるのもうまみがない。

話は変わって、余ったiPhone5cをmineoで運用しております。

わたしの職場はau電波にとっては厳しい条件みたいでして、4Gしか通信できないmineoだと不安定なこともあります。

だけど、仕事中はそれほどiPhone6でネットすることもないですしガラホのメールもある。職場以外では全く問題なく使えておりますし、職場での通信を安定させるための選択がauだとするとちょっとオーバースペックかなぁ。

家族間での電話は使わない

また、家族の中でわたしだけdocomoで妻や両親はauでしたので家族間での無料通話ができなく。家族間無料通話も目当てでauを選択しておりましたが、この2年間を振り返ってみると家族間の無料通話って全く使用しておりませんでした。

契約した当初は家族間で通話無料ということで喜んでいたのですけど、結局家族間の連絡はメールが多く電話は滅多に利用しない。家族間無料通話に縛られる必要は全くなかったわけです。

そもそも通話はガラホ、iPhone6では通話しない。

さらに、よくよく自分の利用状況を考えてみると通話はどうしてもガラホを使うことが多くiPhoneはデータ通信がメインの用途となっておりました。

契約した当初は仕事での電話用としても考えていたのですけど、その後業務内容が変わり社外の方との電話は内線でことたりることに。

家族間通話はしないし、ガラホの無料通話分があるから通話はそちらに集中していく。

iPhoneって皆さんにとっては電話なんでしょうけど、わたしにとっては小型のモバイルPCという位置付けなんですよね。

残ったiPhone6はデータ通信SIMで運用

先述の通り、iPhoneではほとんど通話しなかったのでMNPすることもなくmineoのシングルタプ(データ通信のみ)のSIMで運用することにしました。

以前ならばMNPで実質的な端末代金を安く運用することもできたのでしょうけど、今はそうとも限らない。実質的な割引は期待できない。

SIMフリーのiPhoneがこれだけ普及していればもうAppleストアで買ってMVNO運用でも問題ないかな。後は原資だけ。

電話もしなく少しでも月使用料金を減らすために電話番号も捨ててしまいました。

とは言え、留守番電話代わりに運用していた050plusのアプリはインストールしておいて、iPhoneだけでも通話はできるようにはしてあります。ガラホを忘れてiPhone6は持っている、そんなときの場合に欲しいかと。

まとめ

mineoのシングルタイプにしても数日たちますが、わたしの何もiPhoneライフは変わっておりません。

やっぱり、auはわたしのとってはオーバースペックだったんですよね。

関連記事

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク