きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

auの解約はauショップで手続きが必要

auを解約してきたよ。解約方法をまとめておきます。

MNPの話は調べるといろいろと出てきますが、ケータイの解約ってあまり情報が出てこないですよね。

先日、auで使用していたiPhoneの契約を解約してきました。

少し焦ったこともありましたのでまとめておきます。

手続きまえに確認しておくこと

更新月であり端末費用も支払い済み

auショップでは引き止められることのなくサクサクで手続きが完了しました。

auを解約する上で一番の問題は更新月と端末費用でしょうか。

だいたい2年契約されていると思いますので、まずは更新月を確認しましょう。

契約した月の翌月が更新月1ヶ月目となります。

最近は契約更新が伸びて2ヶ月ですからチャンスはあります。

更新月が近づくとauからのSMSで連絡してくれますから、忘れずに記録しておくといいですよ。

端末費用を分割で購入されている方は分割返済終了時期をチェックしておきましょう。

2年で返済できるようになっていると思います。更新月になっていれば返済も終了していると。

更新月以外で解約すると違約金9500円を支払う必要があります。

多い人の1ヶ月の料金ぐらいでしょうか。

だいたい更新月まで3ヶ月以上あるのなら解約してしまうのも手です。auとの差額を考えればMVNOで運用したらすぐに元がとれますから。

必要なもの

解約に必要なものは公式サイトにも記載されていますが、改めて。

身分証明書

免許証で問題なしでした。

契約している機種

自分の電話番号を暗記されているのなら必要ないかもしれません。

何か回収されるのでもなく、確認されるのでもなく。

ショップの方はわたしのスマホには一切触らずに手続きが終わってしまいましたよ。

印鑑

公式サイトには印鑑が必要とあり、「公式サイトのよくある問い合わせ」にはサインでもいいとあります。

実際、わたしの場合はiPad上に確認のサインをして終わってしまいました。

電子化が進んでますね。

流れ

手続きの流れは以下のとおりでした。

本人確認

身分証明書を提示して本人確認してもらいます。

氏名と住所から契約者情報をサーバーから引っ張り出しているかと。

契約している電話番号の入力

解約しようとするスマホの番号を入力します。

わたし、ここでなかなかスマホの番号を表示できなくてあたふた。ショップの方に手伝ってもらいました。いかにこのスマホを電話として使っていないことか!

この番号確認、多分、複数回線持っている人も配慮してだとは思いますけどね。

解約書類にサイン

解約したらすぐにスマホが使えなくなるなどの説明を受けたのち書類にサインを求められます。

iPad上の記入欄にサインを書きます。紙と感覚が違い、書いた字がフラフラしてる。

最後に書類を受け取ったら終了です。

docomoのMVNO使っているとSIMカードを返す必要がある時がありますが、au系はそれがないんてすね。

頑張ってケースからiPhoneを出したのに「大丈夫ですよ」って。

解約後にアクティベートされる

ここからは少し焦ったこと。

解約して1時間ぐらいしてからiPhoneを確認したらアクティベート画面になっておりました。キャンセルしようにも何をしてもアクティベート成功しないと進めない。

自宅に戻ってからWifiに接続してアクティベートを実施しても「有効なSIMカードを入れてください」という旨のメッセージが出て進めませんでした。

auのSIMからmineoのSIMに入れ替えてWifiの下でアクティベートしてやっと使えるようになりましたが焦りましたよ。

解約してそのままiPhoneは使えると思っていたのですけどそんなことなく。アクティベートに自動的になってのですね。

解約後もiPhoneを利用したいと考えているのなら新しいSIMを準備しておく必要ありです。

まとめ

ショップで引き止められるかと思ったのですけど、全くそんなこともなく。すんなりと終了してしまいました。MNPだと引き止めが入るのかな・・・。

関連記事

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク