きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

ライフログ用の写真を非公開Instagramへ投稿することにしたよ

最近わたしの中でライフログが盛り上がりつつあります。

Facebook、Twitter、ブログの更新など情報を非公開Twitterアカウントへ集約してライフログとしてMomentoで眺めております。

ネット活動中心のログでしたので写真はあまり使用しておりませんで、写真を投稿したいときは非公開Twitterアカウントへそのまま投稿しておりましたが、先日からInstagramへ投稿するようにしました。

そのままTwitterでもよかったのですけど。

今回はこのあたりをまとめてみます。

写真をTwitterではなく、なぜInstagram

きっかけはレビューに使用しているMomentoがInstagramに対応していることから使ってみようと思い立ったことなんですけどね。

ライフログとして使用するには非公開で使用したのですけどInstagramではそれができないと思い込んでおりまして。しらべてみるとそうでもなくTwitterと同様に非公開で運用できる。

それだけならば今まで通りにTwitterで十分だと判断するのですけど、もう少ししらべてみるとTwitterとInstagramで投稿されて写真の圧縮具合が異なることがわかりまして。

どうもInstagramのが圧縮でのロスが少ないらしい、Twitterはまだよい方で、Facebookはさらに画質が落ちてしまうらしい。

写真って残すために撮りますよね。その写真が圧縮によって画質が落ちてしまったらさみしいですから。

ライフログとしてSNS上に残す写真はInstagramを使用することにしました。

あと、Instagramへは写真を投稿しているのですけどアプリに記録したスクリーンショットはいまだにTwitterに投稿しております。

スクリーンショットは書いてある内容が確認できれば十分ですからね。

ライフログとしては非公開Instagramアカウントを使う

ライフログ用のInstagramアカウントは非公開にしておきます。

非公開にするのは簡単、アプリの設定画面からできます。

ただ、完全に非公開にするのならば新規アカウントを作成して、フォローするなど外とのつながりがない状態で非公開と設定したのがいいらしいです。

既存アカウントで非公開設定しても以前からフォローしてくれている人が「いいね」してくれると、その人をフォローしている人のタイムラインから写真が閲覧できてしまうらしいです。

投稿ごとに公開範囲を選ぶことができれば既存アカウントを活用でもいいのですけどね。

InstagramとTwitterとの連携はIFTTTを使用する

わたしはライフログはツイエバ経由でEvernoteへ集約することにしているので、ライフログ用InstagramアカウントもTwitterの非公開アカウントへ集約します。

InstagramとTwitterは連携できます。InstagramからTwitter連携をするだけ。

ただ、これだとTwitterには画像URLとキャプションだけで、画像そのものはついてきません。

これではライフログとしては不十分。

Instagramの投稿を画像付きでTwitterに投稿するためにIFTTTを使用して対応することにしました。

IFTTTからInstagramでおすすめアクションを使用です。

ライフログに写真があると華やかになる

写真をライフログとして取り始めると、文字と地図ばかりだったMomentoのタイムラインが華やかになってうれしくて。どんどん写真を撮って残したくなります。

食事、乗車した列車、幼稚園からの手紙など、タイムラインに残したいと思った写真はなんでも。

後から眺めると、平凡な一日だったのに、華やかな一日に感じますよ。

まとめ

いつもと同じ平凡な日常でも、時間軸で考えれば同じ日はその時にしかない。

なるべく写真も残していこうかと思う。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

Instagram

Instagram

  • Instagram, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

Momento — プライベート日記

Momento — プライベート日記

  • d3i Ltd
  • ライフスタイル
  • 無料

ライフログについては以下の本を参考にしてます。

スポンサーリンク