きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

もっと気楽に万年筆を カクノを購入しました

PILOTのカクノを遅ればせながら購入しました。

今回は購入したの背景と開封レビューをまとめておきます。

以前、持ち歩きにOHTOのSPIRITという万年筆を持っていたのですけど通勤の列車の中でキャップを落としてしまいまして。それ以来外出時は万年筆を買う持ち歩かなくなりました。

www.chml-iwbht.net

今万年筆は自宅でほぼ日手帳にライフログ兼日記を書いているLAMYのSafariだけ。

外出時はフリクションボールやブラスペンシルなどでメモ書きして、会社ではアクロボールを使っていますが、最近また万年筆の虫がごそごそと動き出しまして。

会社でも万年筆の軽い筆感で書きたい!

外出先、特に列車など移動中に使うことを考えると高級な万年筆でないのがいい。落としてペン先をまげてしまったなんて不幸が起こったらと考えると怖いじゃないですか。

だから、手の届きやすい価格帯の万年筆が普段使いにはいい。

PILOTのカクノは子供向けとはいえマニアも唸らせる万年筆らしくいつかは使ってみたいと考えておりまして、この機会に購入することにしました。

開封の儀

それでは開封レビューをしていきましょう。

まずは外箱です。

子供向けあってかわいい感じです。

内容物は本体、カートリッジインク、説明書ですね。

初めて万年筆を使う方向けの商品ですので説明書が付いてきます。

説明書ですね。

カートリッジインクの使い方や洗い方、そして大人の方向けにはコンバータの使い方まで記載してあります。

モレスキンに書いてみました。わたしが購入したのはペン先の太さがFの物。

インクフローが少ないためなのか裏面へのインクの裏抜けはそれほど激しくなかったです。

トラベラーズノートへも書いてみました。

こちらは裏抜けはありません。常用しても大丈夫ですね。

一番大切な書き味なんですけど、スチール製のペン先ということもあり、ちょっと引っかかる感じ、固い感じがします。

引っかかる感じは使っていけば気にならなくなるのではないかなと思いますよ。

やっぱり万年筆、書いていて楽しくなってきました。

まとめ

カクノで書いていると、ボールペンにはない書き味があって楽しいです。

ただ、会社で使うことを考えるとちょっと色が明るかったかなぁという感じですね。

こちらの記事もどうぞ

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク