きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

雑誌の定期購読を考えてみる

最近、技術系の雑誌を読むことが多くなりました。

読んでいると面白くてしかも知識が少しづつ増えていく。

2ヶ月連続で同じ雑誌を購入したことから雑誌の定期購読も考えはじめました。

実は今までは毎月同じ雑誌を読んでいても定期購読の契約はしたことはありませんでした。

定期購読にもメリットとデメリットがありまして、デメリットをそのころはメインに考えておりましたから。

わたしが考える定期購読のメリットとデメリットは以下になります。

今回はこのあたりをまとめてみます。

定期購読のメリット

  1. 雑誌を確実入手できる
  2. 自宅へ届けてくれる
  3. 出版元へ直接購読手続きするとおまけがついてくる

定期購読のデメリット

  1. 一定の期間はやめれない
  2. 自宅に雑誌がどんどんたまる
  3. 雑誌が届くことに慣れてしまって積読になることも

定期購読のメリット

1. 雑誌を確実に入手できる

雑誌を定期購読する目的ってまずは確実に入手できるということですよね。

自分で購入する場合、発売日をチェックして、発売後には書店だったりオンライン書店だったりで購入する必要あります。

この発売日を過ぎてしまうと売り切れてしまって入手が困難になる。

ビジネス書やマンガとは違い雑誌は増刷とかないですから売り切れてしまったら、売っているところを探し回るか諦めるしかない。

定期購読しておけば「発売日忘れてた!」とか「売り切れてた!」とかなく手元に届きますから安心ですよね。

2. 自宅へ届けてくれる

書店で定期購読申し込みするとその書店まで毎回購入しにいかないとだめだったりしますけど、オンラインであったり出版社へ直接申し込みだったりすると発売日に自宅まで郵送してくれます。

書店まで自分で買いに行かなくてもいい。発売日を忘れちゃっていても安心です。

3. 出版元へ直接購読手続きするとおまけがついてくる

雑誌を直接出版社から、または一部オンラインサイトから一年などの定期購読するとおまけをもらうことができます。

雑誌で人気のある企画のロゴが入った小物などを通常のおまけ以外に。もしくは一ヶ月や二ヶ月分料金がお得になったりと。

定期購読すると大体は送料が無料になるのですけど、さらにおまけをもらえる。これお得ですよね。

定期購読のデメリット

1. 一定の期間はやめれない

一年とか半年とか期間をあらかじめ決めてからの購入になりますから、その間に「やっぱりその雑誌あきちゃった」となっても購読中止することはできません。

まぁ、定期購読したいと思うぐらいですから簡単には飽きることはないでしょうけど。

2. 自宅に雑誌がどんどんたまる

雑誌って大きいので家の中にあると場所をとりませんか?

毎月だったり毎週だったり、雑誌が届くことになるのでその分家の中の荷物が増えることになります。

まだ電子書籍での定期購読はあまり聞いたことがないので、雑誌の定期購読といえば大体が実際の紙の雑誌になるでしょう。

雑誌を定期購読するからには毎回送られてくる雑誌をどう処分するかも自分の中でルール化しておいたのがいいかもしれませんね。

3. 雑誌が届くことに慣れてしまって積読になることも

いつでも読めると思うとなかなか読むことができなくないですか?

自分で書店まで出かけて買ってくるのとは違い、自宅まで届けてくれる定期購読だとどうしてもその雑誌に対するモチベーションが下がってきてしまうのかなと。

「まっ、今度読もうか」って放置していたら次の号が来てしまった。

気をつけて読み進めて行かないと積読本を増やしてしまうこととなります。

まとめ

今までは雑誌の定期購読は「定期的に書店に購入に出かける」としてましたが、やっぱり自宅に届けてくれるのは魅力的ではあります。

定期購読、申し込んじゃおうかな。

スポンサーリンク