きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

読書メモが続かない だから無理せず記録する

読書メモをMediaMarkerに記入すると以前このブログに書きましたが、実は続けることができておりません。

読書メモが記入しづらい環境

わたしの読書、最近ではオーディオブックと図書館の本を読むことがメインになっております。

本を読んでいてさっと記入するにためにメモ用紙を持ち歩くのでもなく。

読んでいる本が図書館の本だったりするとそのままメモを記入することはできないじゃないですか、メモ用紙を持っていないと。

最近ではオーディオブックがわたしの読書のメインとなってきておりますが、オーディオブックだと特にメモを取りにくい。

メモを取ろうとしても音声は流れていってしまうので、さっと止めないと。しかも、聞き取った内容をメモすることになる、これが難しい。

結局、聞き流してしまってメモを取ることができない。

MediaMarkerも活用できていない

本を入手したときや借りてきたときはMediaMarkerに記録できていたのですけど、それもできておりません。

どうもMediaMarkerに記録するのが面倒みたいです。

ブラウザからMediaMarkerにアクセスしてまずは入手した本を入力する。

本のタイトルを検索して登録するわけですがまずこれが一つ目の関所ですね。

そして読書メモ、さっと読んだあとに記録するにでもやっぱりブラウザを開いてMediaMarkerに記入してと。どうやらこれが面倒な様です。

お手軽になら記録できている

MediaMarkerには記録が全くできていないのですけど、能率手帳には記録できております。読み終わった時と、蔵書リストの更新ですね。

能率手帳はいつも持ち歩いているし、さっと開けば記入できる。この手軽さがいいみたいで続けることができております。

習慣化するにはやっぱりある程度面倒なことは難しいではないかと考えます。

特に読書記録などは毎日することではないので習慣化する事自体も難しいですので、なるべく面倒に感じることなくお手軽にできることがいいのではないかと思います。

さっと手帳を開いて、さっと記録して。記録量がそれほど多くないから本を読み終わったときに記録をわすれてしまっても、後から思い出して記録できるし。

お手軽に記録できることが続ける方法かもしれない。

まとめ

読書メモは完全にあきらめて、残ることはメモを取らずにも残っているだろうというように考えるようになりました。

スポンサーリンク