きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

親指シフトを開始して8ヶ月たちました

昨年の6月のはじめから鍛錬をはじめた親指シフト。習得を目指してから8ヶ月たちました。

習得のモチベーションをあげるために、以前は毎月打鍵速度を計測しておりましたが、100文字/分を越えましたので計測はやめておりました。

先日、久しぶりにどの程度速くなってきたのかが気になりまして。打鍵速度を計測してみましたのでまとめておきます。

測定方法

打鍵速度の測定方法はこれまでと同様にNICOLA派宣言のsection3を打つ時間を測定します。

section3は191文字ですので打ち終わるのに76秒であったととすると1分あたり150文字/分ということになります。

親指シフトとしての目標は今のローマ字入力と同等の120文字/分、ここまでくるとキー入力に思考が邪魔されないのではないかと考えております。

こちらが今回の測定結果、比較のために今までの測定結果とローマ字入力時の結果も表示しております。

一ヶ月後200秒57文字/分
二ヶ月後156秒73文字/分
三ヶ月後158秒72文字/分
四ヶ月後124秒92文字/分
五ヶ月後106秒108文字/分
八ヶ月後96秒119文字/分
【参考】ローマ字入力97秒118文字/分

とうとう打鍵速度がローマ字入力の118文字/分にならびました。やった!

考察

前回の計測からかなり時間が経っておりますが、その間全くトレーニングはしておりません。

トレーニングといえば日々親指シフトで入力するぐらいでしょうか。

自分の中では全く速度向上していないと感じておりましたが、計測してみると技術の向上がよくわかりますね。

ただ、今回計測に使用したsection3は一番簡単なセクションですので、普段の入力速度が反映されているかは疑問です。正確に測定するのなら最後のsectionあたりがいいかもしれませんね。

親指シフトが思考を遮らなくなったのか?

ローマ字入力と同程度まで打鍵速度が速くなりましたが、じゃ、親指シフトが入力を遮らなくなったかといえば、そうとも言い切れない。

ミスタイプで未だにイラッとすることはありますので、その分確実に思考が止められている。

このミスタイプをどう無くしていくかが幸せな親指シフトライフに必要ではないかと思います。

まとめ

打鍵速度がローマ字と並ぶようになって嬉しくて、親指シフトで入力することだけでも楽しくなってきました。

こんな記事も書いてます

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク