きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

通勤時にメモを残したくてICレコーダーを購入したよ

自動車通勤時にメモを残したい

自動車通勤時っていろいろと思い浮かぶことありませんか?

わたし、信号待ちとか長い直線を走行しているときとかに考え事をする事が多くて。

そのときに「あっ、これいい!」と思っても運転中だからメモ帳を出してメモすることもなかなか簡単にはできません。

前々から残しておきたいなぁと思っていたのですけど、とうとう重い腰をあげて購入しましたよ。

購入したのはオリンパスのVN-541PC、ICレコーダーのなかではやすい方で、機能も贅沢にはない。でも、ワンタッチで録音できる優れものなのです。

iPhoneのボイスメモだと使いにいく

そもそも、なぜなかなか重い腰をあげることができなかったのか。

それはiPhoneにボイスメモが標準でインストールされているから。

録音するということならばiPhoneでもできるんですよ。

わざわざ専用のものを購入するまでもないかと。

でも、iPhoneのボイスレコーダーは、録音するまでに手間がかかる。

画面のロックを解除して、アプリを立ち上げて、録音ボタンをタップして。

これだと、信号待ち等の短い時間にはちょっとメモするのは辛くて、「まぁ、後からメモすればいいか」って、そして記録することも忘れアイディアも忘れ。

結局記録することなく、アイディアは忘れ去られていく。

iPhoneのボイスメモは通勤時では使えるようで使えないのですよね。割り切れるまで時間がかかりました。

子供との会話を残しておくことにも

さっと記録すくために購入したICレコーダーですが、最近は別の用途で使うことが多くなりました。

ICレコーダーは本体のマイクに向かって話した内容だけ記録できるわけではなくて、本体の周辺で話している会話も記録する事かできます。

わたし、毎日、子供を幼稚園まで送っていっているのですけど、このときの会話って運転に集中していて意外と覚えていないものなんですよね。

子供と楽しくお話できていたのに覚えていないのは少し悲しい。

最近では幼稚園までの子供との会話も撮っておくようにしましたよ。これが、結構クリアな音声なので、後から聞いてかなり楽しむことができます。

子供とのこの時間は今しかない、今しかない会話を記録しておきたいかな。

まとめ

通勤時にメモを残すためにICレコーダーを導入し、最近では車の中での子供との会話も残すようになりました。

簡単に記録することができるので、運転中にとか、歩いているときとか、アイディアが浮かぶのに後から思い出せないって方にはおすすめです。

スポンサーリンク