きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

【日刊dov.】お気に入りの環境だと筆が進むという事実

日々の出来事をとりとめもなく書いた記事です。

先日、カクノという万年筆でフランクリンプランナーに毎日の振り返りを書き始めたと書きました。

万年筆の感触が良くて筆が進み、サクサクと毎日の振り返りを書くことが出来ております。

また、それだけでは書きたらず、トラベラーズノート レギュラーサイズを引っ張り出して、考え事を書いてまとめることをまた再開しております。

トラベラーズノートでの思考作業も、通勤カバンからトラベラーズノートを出してしまってからは途絶え気味。

でも、書きたくて書きたくて、書くのが楽しくて。自宅で時間が確保できるときには書いております。

お気に入りの環境だと、筆が進みますね。書くこと自体を楽しみとしているから、書く内容がなくのに書きたくてネタを絞り出すことになる。

実はこれ、万年筆だけじゃなくて、PCも同じ。

わたし、親指シフトで入力できるようになったのですけど、入力できること自体が楽しくて、何かと入力したいわけで。キーボードのタッチがよければ、入力自体はそんなに速くないのですけどサクサクと執筆が進みます。

とにかく、書くこと・キー入力、作業を楽しみたい。

お気に入りの環境だと筆が進む。結果、作業効率が上がる。

文具やPCなど、お気に入りの環境を整えるのが一番のライフハックかもしれませんね。

スポンサーリンク