遊びも仕事も疲れるのは同じ

先日の休み、紅葉を訪ねて山の方へ遊びに行ってまいりました。

里山の風景を楽しみながら、天気のいい日にのんびりとお散歩して。

しっかりリフレッシュ!と帰宅したのですけど、疲れがどっと出て、その日はそのまま寝てしまいました。

仕事じゃないから疲れなんてそんなに貯まるはずがないと考えがちなのですけど、実際はそうではなく。

仕事も遊びも脳疲労という意味では同じらしい。

以前は、遊びは楽しいわけだから疲れるはずがない!と考えて遊びの後に仕事というか作業をいれたりしておりましたが、最近ではこのあたり理解できておりますので、遊びでも仕事の時と同様にそのあとは休養が必要とわかります。

仕事しても疲れる、遊んでも疲れる、

何をしても等しく疲労していくわけですから、

24時間をどう使うかと考えて、

自分がしたいことに十分なパワーと時間が割けるようにすることが大切なんですよね。