仕事納め、連休前には宿題事項をまとめておこう

あと数日で平成30年が終わろうとしておりますが、今日はわたしの会社の仕事納めの日でした。

明日からしばらくは連休になるわけですが、毎年出勤最終日に必ず実施することがあります。

スポンサーリンク

連休前には宿題事項ををまとめておく

それは、いま抱えている仕事の状況と残りの課題をまとておくこと。宿題をまとめておくってことですね。

連休になって、仕事モードからプライベートモードになって、しっかり仕事のことを忘れてしまうので書き始めたのがきっかけ。

気がつけば連休前には毎回まとめています。

以前は紙に書いて、連休明けに出社したらすぐに目につくように、机の上に置いたままで連休に入っていったのですけど、

最近は機密情報の管理が厳しくなりまして、タスク項目を管理しているOneNoteに書くこととしています。ここなら必ず見ますから。

宿題事項をまとめておくメリット

まとめておくことのメリットは、どこまで仕事が進んでいるのか何が課題として残っているのかを忘れずにすむということ以外に、連休明けに読めばすぐに仕事モードでに復帰できるということ。

忘れないようになるべく細かく書くようにしていますので、読んでいるうちにエンジンがかかってくるんですね。

さらに、頭に宿題を保持しておく必要がなくなりますので、不意に仕事のことを思い出すこともなく、しっかりプライベートモードに入ることができるということもあります。

忘れてもいいシステムを作ったことでしっかり仕事のことを忘れることができる。その分、プライベートに専念できるのです。

まとめ

書かずに本気で忘れてしまって連休明けにまた一からやり直しってことにならないように、連休前には宿題事項をまとめておく。