読み上げ機能があまりにも優秀なのでメインの電子書籍サイトをkindleにしようか揺れ動く

今まで使ってきたという思いがあって、揺れ動いております。

スポンサーリンク

koboをメインにしてきたのは専用リーダーが安く手に入ったから

ビジネス書や実用書は電子書籍で読むことが多く、メインで使用しているのは楽天koboであります。

そもそもの始まりは、当時koboが専用リーダーであるkobo touchを破格の値段で販売してくれていたから。

そこから毎週のように配布されていたクーポンでたくさん本を購入して、気がつけばメインの電子書籍サービスはkoboとなっておりました。

クーポンやセールのおかげで今ではたくさんの積読本がわたしの楽天アカウントにあるという嬉しい状況なのであります。

それが最近kindleへメインを移行しようかと揺れ動いております。

Fireタブレットで聞くkindleの読み上げ機能が手放せない

わたし、通勤時は耳が開いておりますのでオーディオブックを聞いておりますが、最近はFireタブレットでkindle本を読み上げてもらってオーディオブック代わりにしております。

koboにはアプリがありますので、iPhoneから同様に読み上げてもらえばいいのてすが、わたしが試したところどうもブツブツと章ごとで読み上げが停止してしまって使いにくい。

iPhone上のkindleアプリから読み上げてもらうと同様の現象が起こる、でもFireタブレットならば最後まで止まらずに読み上げてくれる。

耳さえ空いていれば読むことができるのでkindleの積読がサクサクと消費できるうれしさと、オーディオブック化されてない本も聞けるうれしさと、Fireタブレットでの手軽さとがあって、手放せなくなってきました。

メインの電子書籍サービスをkindleにしようか揺れ動く書く

そうなると、次に本を購入するときに、読み上げ機能を使うかもしれないからkindleで購入しようかなぁと考えるようになるわけです。

読書するのなら専用リーダーがあるkoboのが使いやすく、そのため今まではkoboメインで、セール等で安い時にはkindle、そして雑誌はFireタブレットがあるのでkindleという位置づけでしたが、kindleメインでkoboは補完という方針に変えるとか。

ただね、今まで使ってきたという思いがあって、積読もたくさんあって、そこまでしなくてもなぁとも考える。

方針を決めれずに揺れ動いております。

まとめ

折衷案として今考えているのが、オーディオブックとして聞きたい本はkindleで購入して、それ以外は今まで通りにkoboでいのうかというもの。

そんな使い分けは実際にできるのかどうか。