Fireタブレットだけでもモブログできるようになってきた

みなさん、ブログの更新はどのような環境で実施されていますか?

PCで書いて投稿でしょうか?スマホでしょうか?

いろいろと試行錯誤をしてきた結果、Fireタブレットだけでも更新できるようになってきました。今回はこの辺りをまとめてみます。

スポンサーリンク

モブログにはiPhoneが必須だったけど

わたし、ブログの更新はiPhoneを中心として実施してきました。それは執筆や画像編集のアプリが充実しているから。

Workflowy・HandyFlowyで骨格を書いて、Textwellでリンクを追加して、MarkdownをHTMLへ変換して、PressSyncで投稿という流れ。

でも、画面がiPhoneよりも大きいFireタブレットで持ち歩くようになって、少しづつ道具をそろえていって。

道具をそろえたらFireタブレットでも何とかなるようになっていたんですね。

エディターはJota Text Editorか、baserCMSで構築したクラウドメモ帳

ブログ執筆のメインの作業場所はテキストエディターになるわけですが、iPhoneの場合はHandyFlowyやTextwellで書いていました。

FireタブレットではJota Text Editorで書くように。

SAVE/COPY/CUT/PASTEなどがボタンになっていて、指での操作が中心のタブレットでも書きやすいのですよね。

Jota Text Editorで作成した文章はbaserCMSで作成したクラウドメモ帳にコピーして保存です。

写真は加工しなければそのまま

このブログの場合、ほとんどの写真は文字の追加など加工はなくてそのまま掲載しておりますので、Amazon Driveから取り出してそのまま投稿です。画像サイズは後述するwordpress公式アプリ上でアップロード時に同時に600pxへ縮小するようにしております。

文字の追加など写真の加工が必要な時はiPhoneを取り出してSkitchで処理します。Skitchの機能はEvernoteに取り込まれているのですけど、Amazonの公式アプリストアからインストールできるアプリではその機能は使えなくて。加工だけはiPhone上で実施しているかな。

投稿はwordpressの公式アプリ、修正はブラウザから

投稿についてはiPhoneではPressSyncで投稿していたのですけど、Fireタブレットでは公式アプリから。

わたし、記事はHTMLのタグを直接書いていなくて、Markdownで書くことにしておりますが、Markdownで書いた記事はbaserCMSで作成したクラウドメモ帳上でHTMLへ変換することも可能で、wordpressへはHTMLへ変換したデータをコピーして投稿しています。

画像のアップロードや新規記事投稿、既存記事の修正はこのwordpressアプリから実施しておりますが、たとえばアイキャッチ画像の追加などは公式アプリからはうまくいかなくて。

そんなときはSilkブラウザから直接サイトの管理画面を開いて修正しております。

ブラウザからだと、新規投稿などは少し操作しにくい印象があるのですが、修正ぐらいならストレス少なく作業できます。

まとめ

試行錯誤していけばFireタブレットでも十分モブログできるようになるんですね。