読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

集中力が続かないからポモドーロ法を試してみた

みなさん、集中力って続きますか? 楽しいことだと集中しちゃって気が付いたら1日たっていたなんてことありそうですけど、 仕事だとどうでしょう?集中力が途切れちゃって気が付いたらWebで遊んでいたってことあったりして。

最近、私、仕事が立て込んでいるってこともあるのでしょうが、集中できないことが多くて。 集中して仕事しないと効率がどんどん落ちて、さらに仕事を増やしてしまう!!

集中して仕事するために、ポモドーロ法を試してみたので効果などについてまとめてみます。

集中できるタスク・集中できないタスク

自分の得意なタスクだとはかどりますよね。 得意だからどんどん進むし、得意だから集中できてしまう。 気が付いたら「もうこんな時間?」ってこともある。

でも、ちょっと得意じゃないタスクとか難しいタスクだとそうはいかない。 考え込んで、なかなか答えが出なくて、もがいているつもりが現実逃避してブラウザで遊んでいたり、 机の整理整頓はじめてしまったり。

得意じゃないから集中できなくて、それでも何とか作業を続けるんだけど、 集中できないからぜんぜん効率的に作業ができない。

集中できないタスクも集中できるタスクなみに集中して取り掛かれていたら効率上がるのに・・・。

ポモドーロ法とは?

ポモドーロ法とかイタリア人のフランシスコ・シリロさんによって考案されたタイムマネジメント術で、 25分集中して作業したら5分間休憩を入れるというもの。

  1. 1つのタスクを決めたら25分はそれだけを集中して取り組む。
  2. 25分たったら5分間の休憩をとる。
  3. 25分の作業と5分の休憩を2から4サイクル繰り返したら15分から30分の少し長めの休憩をとる。

ググってもらうとわかるんですけど、ライフハック系のブログとかウエブメディアとかによく取り上げられていて、 ポモドーロ用のアプリも沢山作られている、かなり知られているマネジメント方法なんですね。

ポモドーロ自体は前々から知っていたのですけど、 「細かく区切るのは非効率的じゃないの?」って思っていたので試してみることもなく。 今回初めて試してみることにしました。

1日試してみて

最近の業務はひたすら難解なパズルゲームを解いているような、 集中力と思考力を必要とするタスクばかり。 ずっと連日、同じテーマで検討していると集中できなくなってきて、 その日は朝からポモドーロ法を適応してみました。

ポモドーロ用のアプリもあるって話を上でも書きましたが、 会社のPCにアプリをぽいぽいと入れるのも問題がありそうなので JavaScriptでタイマーツールを作って時間を計測することにしました。

ひたすらひとつのことに集中して25分、午前中はまだ集中できるので25分が短い感じがする。 「もう25分?まだいけるのに」って。それでも5分は休憩、そして次のサイクルへ。

午後になると集中力も切れてくるので25分が長く感じてくる。 でも、休憩までの残り時間を意識することで25分を乗り切ることができる、 なんとか集中してタスクを実施することができる。 そして5分の休憩を入れてリフレッシュできるから 全体としてはそれほど集中力が落ちない感じ。

まとめ

まだ試しはじめたところなのでなんとも言えないところがありますが、 ポモドーロ法を適応してみると一日の後半は集中力が落ちてきてだらだらと作業してしまうところも しっかりと集中を持続できる感じがします。

皆さんも作業効率を上げるためポモドーロ法いかがですか?

スポンサーリンク