きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

スケジュール管理だけじゃもったいないから能率手帳のメモスペースに書くことを検討してみる

皆さん、手帳のメモスペースには何を書かれていますか?

わたし、いろんなところに散らばったメモを一括管理するために 能率手帳のメモスペースにメモを転記していたのですけどそれをやめようと思っていて。

そうなると能率手帳の右のページが空いてしまう・・・。 ちょっとさみしい手帳になってしまうのですよね。

わたしは来年用に能率手帳ゴールドを購入しておりまして。 空きページばかりだとゴールドさんにこっぴどく怒られそうで。 もっと活用すべく何を書いていこうかと検討しております。

今の使い方の振り返り

会社のスケジュールは社内のグループウエアで管理しているのでそちらをメインにしていますので、 そもそも能率手帳で管理しているのはプライベートの予定でして。

グループウエアは社外では利用できないので社外でスケジュールを参照するために手帳を利用しています。

そうなると必然的にプライベートな話が中心となって手帳を利用しています。

プライベートなToDoとか納期などはスケジュールにひも付けて、 あとメモを集約しているのでメモスペースにはこのブログのネタとか、 日々の生活での改善点とか、欲しい・気になるものとかを書いています。

プライベートなToDoと納期は引き続き書いていく

右のスケジュールに対応するように左のページにはToDoを書くようにしています。 ToDoといっても仕事のToDoは沢山ありすぎて能率手帳では入りきらないので プライベートのToDoを中心に書いています。

同じように入金期日とか申し込み期日とか納期も書いています。

スケジュールをチェックしがてらToDoも管理できるからちょうどいいのですよね。

ToDoや納期は項目の先頭に□を書いておいて実施したらその中にレ点を打っておく。

重要性が高いものは赤字で記入しています。

でもこれだけじゃ左のメモスペースは空き空きなんですよね。

ライフログ、読書ログなどを書く

ToDoや納期を記入しても空いているスペース、日記やライフログを書くってのもありですよね。

日記やライフログといっても、ほぼ日手帳にしっかりとした日記・ライフログを記入していますので簡易版ライフログ。

起きた時間・出勤時刻・退社時刻・就寝時刻などの毎日ことや、訪ねた場所などの記入する。

購入したり借りた本についても記入しておこうかな。 購入した・借りた日と読み終わった日、ちょっとした感想を書くのもいいかな。 ブクログやMediaMakerでも本については管理しているんですけどどちらが管理しやすいのかな。

映画や舞台、おいしかったレストランなどの情報もせっかくなのでライフログとして残してみようかな。

いつも持ち歩く手帳、自分を詰め込むにはちょうどいいかなと。

「よかったこと」「がんばったこと」を書く

最近、仕事で頑張りどころが多くて、実は精神的に少しうつむき加減。

もやもや感をふっとばすためにその日の「よかったこと」「がんばったこと」を記入してみようかとも思っています。

一日を見返して印象に残っている「よかったこと」をいくつか書いてみる。

生活していれば何かしら「よかったこと」があるわけで、 そう思えないのはよかったことへアンテナが向いていないだけで。

だから「よかったこと」は1日1項目以上としておく。

「がんばったこと」は自分で自分をほめるため。 大人になるとほめられることって滅多になくて、その代り叱られることは毎日で(!)。

自分ぐらいは頑張った自分をほめてあげることが必要じゃないかと思って。

まとめ

能率手帳の余ったスペースに何を書いていくのかを検討してみました。

まぁ、手帳なので自由に書けばいいんですけど ある程度決めておけば書いて眺める習慣ができやすいと思うのですよね。

スポンサーリンク