読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

能率手帳使いなら今のうちに補充ノートを買っておくといいよ

手帳 ノート

みなさん、来年の手帳はもう購入されましたか? この時期、書店に行くと手帳コーナーができていていろいろな手帳が眺められて楽しいですよね。

わたし、来年の手帳は能率手帳ゴールドと決めているんですけど、 能率手帳ってしっかりメモを記入するには少しスペースが小さいんですよね。

補充ノートはいつも手に入るとはかぎらない

能率手帳はサイズ的にはパスポートと同じサイズなのでがっしりメモを取ろうとすると少しスペースが小さい。

メモを記入するのにお世話になるといえば巻末のメモページとその補充ノート。

この補充ノート、Amazonや文具店で購入できるんですけど、それって通年じゃないんですよ。

ちょうど手帳の販売時期だけ発売されている感じ、年はじめの1月の前後と年度はじめ4月の前後。 それ以外の季節になると在庫があれば入手できるんでしょうけど、在庫がはけちゃいえば手に入らないんですよね。

「わたしメモ魔」っていう能率手帳ユーザーは注意が必要です。

補充ノートが手に入らないのならカイエを使う

補充ノートが手にはいらない時期に欲しくなってしまったらどうしたらいいのか?

がんばって在庫を探すってことありますけど、それより簡単な手があります。

同じサイズのノートを補充ノート代わりに使えばいい。

モレスキンのカイエ、ポケットサイズがちょうどサイズ感がよくて。 わたし、補充ノートが手にはいらない時にこのこと見つけて、能率手帳の後ろのページにカイエをはさみこんで使っていました。

純正の補充ノートよりも太いのではさみこむと不格好になるんですけど、まぁいいじゃないですか。

カイエを何年も使い回す

さらに、カイエならそれ単体で使うノートということで、補充ノートよりも丈夫なんですよね。

補充ノートって能率手帳から取り外せて補充ノートだけ何年も使うことできるんですね。

そこで、カイエの丈夫なところを生かしてネットサービスのIDとかを記入しておいたり重要な連絡先を書いておいたり何年も参照する項目を記入しておいて使い回ししておりました。

補充ノートじゃ何年も使っているとくたびれてくるところ、カイエだと大丈夫でしたよ。

まとめ

能率手帳ユーザーの方で自称・他称メモ魔の方、補充ノートは今の内に購入しておいたのがいいですよ。

手に入らなかった場合はモレスキンのカイエなんてどうでしょう。 入手性もよくて、ちょっと大きな文具店なら手に入りますかおすすめですよ。

スポンサーリンク