きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

人生を記録するユビキタスキャプチャーが気になる。今度はモレスキンが呼んでいるよ。

先日からすぐに書けるようにメモについて考えています。

ひとまず衝動買いの末、我が家にやって来たトラベラーズノート パスポートサイズをメモとしてINBOXとして使用することしましたがそれだけじゃ収まりきれない。

いろいろと検索をしていて気になりだしたのがモレスキン。

自宅では何冊か使っているのですけど、今回は持ち歩きように常に一緒にいたいなぁ と思うようになりまして。

www.chml-iwbht.net

ユビキタスキャプチャー・ライフログが気になりだした

メモを持ち歩くということで検索していて見つけたワード「ユビキタスキャプチャー」と「ライフログ」。

ライフログという点ではわたしは以前からほぼ日手帳をライフログとして使っていたりするのですけど、ユビキタスキャプチャーは何だろう・・・。

www.itmedia.co.jp

この記事によるとユビキタスキャプチャーは人生を記録するのだけれども、ライフログよりももう少し内面を記録するらしい。

ライフログはどちらかと言えば客観的な視点イベント軸での記録、ユビキタスキャプチャーは感情やアイデアなども記録していく。

このライフログとかユビキタスキャプチャーをされている方のノートを見ると、それはもうモレスキンにセンス良くいろいろと書かれているわけですよ。

わたしには細かなログが続くかどうかわからない、けどモレスキンのポケットサイズを持ち歩いていろいろと書いていきたいなぁ。

モレスキンノートなら安心

せっかくコツコツと記録していくのなら、いつまでも眺めていたいし、ずっと同じ規格品で記録していきたい。

モレスキンは歴史あるノート。

先代のモレスキンは私たちが生まれる前からあるわけで、簡単には無くならないブランド。

先代からのイメージを引き継いで作られているわけだから形式もサイズもデザインも大きく変わることはないだろうし。

ずっと同じ規格のノートを使い続けるという意味では適しているのではないかと。

今までも使ってきましたが、ノートとしては単価が高いのが気になってなかなかふんだんに使えなかった。

でも、今の世の中、インターネットを使えば並行輸入品を買うなり、個人輸入なりで安く買うこともできる。単価が気になるなら対処する方法もあるわけで。

こんなことをぐるぐると考えていたら、安心できるノートではないかとも思えてきました。

トラベラーズノートパスポートを購入したばっかり

トラベラーズノートを買ったばっかりで、用途はアイデアとかToDoなどをひらめいたその場で受け止める。

注意しないと用途が被り、そして淘汰されそう。

トラベラーズノート パスポートはinboxとしてまずは受け止める。モレスキンは内面の記録を中心とする。

これなら使い分けできるかな。

まとめ

普段は能率手帳ゴールド、トラベラーズノート、そして新入りのトラベラーズノート パスポートを持ち歩いてます。

そこにモレスキンが加わって、と。

荷物がますます重くなりそう…。

スポンサーリンク