読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

ノートに書いていると気分が落ち着いてくる

ノート 手帳 つぶやき ライフハック

みなさん、気分がざわざわして落ち着かない時ってどうされていますか? 気分がざわざわして眠れない時ってどうされていますか?

わたし、ノートに丁寧にいろんなことを書くことにしております。

気分がざわついて眠れないときにノートに気持ちをつづる

少し前のことなんですがどうもざわざわして眠れない時がありまして、その時もいろいろ考え始めてしまって余計に眠れなくなっておりました。

眠れないときってそのままベッドで眠気が襲ってくるまで待っているわけですが、どんどんいろんかことを考えだしてさらに眠れないことってありませんか?

そのまま横になっていても眠れない気するので居間でトラベラーズノートを広げていろいろ思いついたと考えを書くことにしました。

横になっていた時に思いついたアイディアとかイライラとかを万年筆を使って丁寧に書いていく。翌日以降のToDoをGTD式に洗い出して書き出したりもして。

はじめは起きている時間がもったいないからこの時間を使ってノートにアイディアをつづっておこうぐらいの考えではじめたのですけど、書いているうちにどんどん思いを書くことに集中していく。

どんどん書いていくうちに気が付けばざわざわしていた気分が落ち着いてきて。ToDoの洗い出しもしてしまったので頭は冴えてきてしまったかというとそうではない。そのうち眠気も戻ってきてめでたく眠りにつくことができました。

ノートに書くと落ち着いてくる

ノートに書くってのは癒しの効果があるんですかね。

日中でも手帳やノートを広げて書いていると自分の世界に入って少しリラックスできるような感じがあります。

自分の内面を書いているモレスキンもそうで、イライラしているときにそのイライラをぶつけておくと少しづつですけど冷静になれます。

業務でとっているメモじゃそんなことないんです、殴り書きだからでしょうか。業務でも考えをノートに書いていくときにはやっぱり落ち着けるし集中できている感じがあります。

とにかく、自分の中のものを吐き出す、それを丁寧に受け止めて書いていく。殴り書きじゃなく丁寧に書いていく。そのプロセスが気分を落ち着かせるんでしょうか。

まとめ

ただ書くだけなんですけどそれだけで落ち着いてくる。気分が落ち着きがないときにはお勧めですよ。

スポンサーリンク