きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

写真の保存はAmazonのプライムフォトがやっぱりいいね

Amazonのプライム会員ならば使用できるプライムフォト、プライム会員のみなさん、使用していますでしょうか?

わたし、少し前から自分の撮った写真はプライムフォトに集約して行くことにしました。

今回はこの辺りをまとめてみます。

プライムフォトはプライム会員の特典の一つなのですが、以下の特徴があります。

  • 写真なら容量無制限、動画なら10GBまで
  • 写真はjpegだけでなくraw形式にも対応

この辺りを細かく説明します。

容量無制限

まずは容量無制限。

写真ならば容量は関係なく保存することができます。

この点はGoogleフォトと同じなのですがプライムフォトの場合は画像ファイルはオリジナルサイズのまま保存される点が違います。

Googleフォトの無料プランですと気づかない程度に圧縮処理が入っていて容量無制限、オリジナルサイズだと15GBまでは無料枠でそれ以上は課金が必要となり容量無制限とは行かないのです。

カメラ愛好家としてはこの圧縮がくせ者でして。圧縮はどうしても画質を落としていきまして。画像を大きく拡大したり印刷したりすると少し気になるんですよね。

圧縮作業はできれば自分の意志で実施したい。写真を作り込んでいく最後の段階で自分で実施したい。

記録としてだけではなく、趣味としても写真を撮っているので、やっぱりオリジナルサイズで保存できるのってうれしいですね。

でも動画は10GBまで。動画の10GBってすぐに使い切ってしまうサイズなので注意が必要です。

RAW形式にも対応

プライムフォトはRAW形式のファイルも画像として認識してくれて、さらにプレビューも可能なのです。サイズも大きくてJPEGに比べて10倍程度大きくなるRAWファイルを。

スマホとかデジカメだとあまりお目にかけないですが、一眼レフなどになると撮った写真はJPEGだけでなくRAW形式でも保存できます。

RAWとはデジタル一眼レフのセンサーの信号をそのまま保存したもの。JPEGはRAWからカメラ内で編集して出力されます。

カメラ愛好家としては写真はRAWでも撮っておいて、あとからPCで明るさとかコントラストを編集したいのです。そうすると編集による画像の劣化が少ないから。

ただ、このRAW形式、そのままだとPCでは中身を確認することができません。専用のソフトを入れる必要があります。

そんなRAW形式ファイル、別のクラウドサービスですと画像ファイルとも認識してくれないのですけど、プライムフォトですと画像として認識してくれて、プレビューもしてくれて、自宅のPCのバックアップとして使用するにはもってこいなんですよね。

まとめ

プライム会員費が必要なんですけど、写真に関して言えば容量無制限というのがありがたい。

自宅PCのバックアップ先として写真をプライムフォトに保管していきますよ。

こんな記事も書いてます

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク