いきなりインストールは怖いからUbuntuのLiveDVDで試してみる

The leading operating system for PCs, IoT devices, servers and the cloud | Ubuntu
Ubuntu is an open source software operating system that runs from the desktop, to the cloud, to all your internet connected things.

古いネットブックにUbuntuをインストールして活用すると前回記事にしました。

LinuxというOSをPCにインストールすること自体が難しそうで抵抗感ありますよね。

Ubuntuにはインストールしなくて試すことができるLiveDVDというのがあるのです。

気になる方はLiveDVDで試してみるのっていうのもありですよ。

LiveDVDを作って試してみる

LiveDVDと言っておりますが、それ専用のDVDがあるわけでもなく、Ubnutuの場合はインストール用のDVDからそのまま起動することができるようになっているんです。

Ubuntuのインストール用DVDはインストールしないでもUbuntuを使うことができるんですね。

公式サイトからインストール用のISOイメージをダウンロードしてきてDVDに保存する。 (一昔前はCD-ROMで収まったのに今はDVDなんて・・・。大きくなったなぁ)

LinveDVDを作ってPCのDVDドライブに挿入。PCの設定でDVDから起動可能になっていれば、PCの電源をいれればLiveDVDからUbuntuが立ち上がって来ますよ。

LiveDVDでハードウエアが対応しているか確認する

WindowsやMacと違い、LinuxはどのPCでも動作するとは限らない。メモリーやHDDの容量がなくて動作しないこともあるし、CPUが古すぎてサポート外だったりドライバーがなくて動作しないこともある。

動作するかしないかは事前に調査すればわかるのですが、どこをしらべていいのか初心者にはわかりずらいですし、ハードの知識が必要になります。

LiveDVDを作って試してみれば実際に動作するかどうかが確認できます。これがLiveDVDの本来の用途な気がします。

一昔前はWifiのドライバがまだなくてネットにつなげられなかったり、サンドカードのドライバがなくて音がでなかったり。

ドライバがなくて動作しないってことが沢山ありましたけど、かなりLinuxも世界的にユーザーが増えてドライバがないってことはかなり少なくなりました。

でも、事前に実際に確認しておけば安心でしょ。

まとめ

LiveDVDはネットにも接続できるのでそのままクラウドサービス用としても利用可能ですね。

敷居が少しは低く感じていただけたでしょうか?

http://www.ubuntu.com/
http://xubuntu.org/

関連記事

古いネットブックでもXubuntuで現役復活できる
最近、すっかり古いノートPCでの遊びに没頭してしまっています。きっかけは2009年に発売されたEPSONのネットブック Na02 miniがギリギリWindows10にアップグレードできるのでWindows10化しようと設定したいたこ...