鉛筆と本で有意義な時間を過ごす【日刊dov.】

以前は「本は綺麗に読むもの、メモを書くなんてあり得ない!」と考えていましたが、インプット効率を向上するために汚く読書することを練習して、最近では本にメモを書くことにかなり慣れました。

というか、むしろ読書するのに書くものがないと違和感があるというか。そのぐらい。

それでも、まだ小心者のわたしがいまして、後から消すこともできるようにボールペンなどは使わず。鉛筆で軽く書いています。

以前購入してたミドリ ブラスプロダクト ペンシル、これが最近のお気に入りです。

当初は持ち運び用の鉛筆として導入しましたが、その柔らかい書き味と、使っていくにしたがって表情が変わっていく真鍮のホルダーが楽しくて、自宅の読書にも持ち出して。

気になったことをに線を書く、本と対話しながらそのメモを残す、ここは!と思うところは○で囲う。

ボールペンだとコントラストが強すぎるんです、今は柔らかく書いた鉛筆の線がいい。気軽に書けますから。

鉛筆はわたしの読書の時間を有意義な時間にしてくれます。