オーディオブック化するためにICレコーダーを購入して、この投資は回収できるのか?

今回、kindleの読み上げ音声を録音してオーディオブック化するためにICレコーダーを購入したわけですが、ICレコーダーはコンビニでお菓子を買う感覚で買える金額の品物ではないために、いろいろと考えました。

その考えていた中で一番大きかったのは「この投資は回収できるのか?」ということ。

結論からいってしまうと、毎日コツコツと聞き続けていれば必ず回収できると見積もってなのですが。

こんかいはこのあたりをまとめてみます。

スポンサーリンク

Amazon Prime会員ならば簡単に回収可能

前提条件はAmazonのPrime会員であること。

このためにPrime会員に新規になるのではなく、Prime会員の費用は別のサービスで既に回収できているとの前提ですが、数ヶ月で回収できる計算です。

kindle本をオーディオブック化して、毎週1冊の本を聞き終えるとすると1ヶ月で4冊の本を読み終えることになります。

Prime会員ならばPrime Readingを利用して無料で読むことができますので1冊はだいたい1300円ですから、普通にkindle本を購入するのに比べその価格がそのまま節約できることになります。

1週間1冊のペースで読み進めて、1ヶ月で4冊、5200円程度のお金が節約できる計算になります。

ICレコーダー本体は13000円程度ですから、3ヶ月程度でICレコーダーの金額以上に節約できたことになる、ICレコーダーへの投資分は回収できることになります。

もし、Prime会員をこのために契約するとすると、会費は月400円となりますが、それでも3ヶ月程度でICレコーダー分の投資は回収できる計算です。

kindle Unlimitedならば会費が月1000程度になりますので、少し遅くなりまして、4ヶ月程度あとに回収ですかね。

とにかく、これらサービスに加入しておけば、毎日コツコツと読書していくだけで、ICレコーダーの費用分の投資が回収できるわけです。

どうしたらコツコツ聞き続けることはできるのか?

毎日コツコツと聞いていけばICレコーダーの購入額以上の節約ができるわけですが、そのためにはオーディオックを聞くことを毎日の生活リズムの中で習慣としてしまえばいいわけなんです。

わたしの場合、帰宅するときにICレコーダーでkindle本を聞きながら帰ることを習慣としております。倍速以上の速度で毎日20分から30分程度は聞いていますかね。そして、自動車で出勤するときは1時間ぐらいかかるのですがその間もずっと聞くようにしております。倍速以上で録音・再生してこれでだいたい1冊程度は簡単に読めてしまいますね。

日常生活の中で歩いていたり手作業したりと体を使っているけど耳は空いている時間ってわりとありまして、その時間をオーディオブックの時間にもしてしまえば、コツコツと読書を続けることができますよ。

まとめ

日々の習慣にkindle本を聞く動作をプラスして、毎日コツコツと読書していけば簡単にICレコーダーの購入金額は回収できちゃいますよ。