きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

タスク実行時間を記録すると無駄が見えてくる

気付いたきっかけはタスクシュート式に憧れて

今まではタスクリストと感覚による見積時間をもとに タスクシュート式ライクに日々の作業計画を 立てていたのですが、 もっと正確にタスク完了に必要な時間が知りたくなって 4月半ばぐらいから実際に作業した時間の 記録をはじめました。 Excelに開始と終了の時間とタスク作業名を 記録する簡単なものですが。

タスク完了までの時間を算出したいがために 記録していたので項目ごとには集計していましたが、 今週になってはじめて1日の合計時間を集計してみてびっくり。 8時間の計画に対して6時間とか、悪い時は4時間しか 計画した作業ができていませんでした。

何に時間を取られていたのか?

何に時間が取られていたのか調べるため 全ての事柄にも時間の記録を開始してみました。 メールの応対、電話の対応、後輩や上司との相談タイム、休憩時間なども。

集計して見てわかったのが、 この中で一番時間を占めているのが休憩時間でした。 作業の間にリフレッシュとしてスマホいじりしてに 時間を忘れていたらしく、情けない。 次に多かったのが相談タイム、細かく丁寧にとしているうちに時間がたっていたらしい。

休憩に注意すればもっと時間を有効に使えるように なりそうな感覚です。

まとめ

今回の気付きはタスクの実績時間を記録してて あったもので、実験業務みたいにちゃんとデータを 取ってみないとわからないものだなぁと感じました。

スポンサーリンク