読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

ボールペンが書けなくてイラつくからシャーペンで書いてみる

皆さん、ボールペンって書けなくなることありませんか? しばらく使っていなくて書こうとしたら字がかすれてしまって。これってイラッとしません?

以前、書けなくなったボールペンを復活させる記事を書きましたけど久しぶりに今回は大物がきまして。

皮脂がのって全然かけない

能率手帳にメモを書いていたのですけどどうしてもかけない。以前の記事ですとボールペン自体に問題があってという運びでしたけど、今回はそうではない。

書けないボールペンを違う紙で書いてみるとしっかり書けるんですよ。しかも一回だけとかじゃなくて常に。

これって以前の記事にも書いたんですけど皮脂の仕業。 紙に皮脂がのっているとボールペンのペン先のボールが転がらなくなって書けなくなってしまう。

ホントこれがやっかい。 ハンカチとかで拭いても拭いても書けないですから。

思春期に皮脂にはかなり悩まされましたが、ここにきてまたこんなに悩まされることになるとは!!

ハンカチで拭いても書けない、何度ぐりぐり紙に押し当てても書けない。でも、違う紙なら全然書ける。 スッゴいイライラする。

能率手帳の左側に予定を書いたときにのってしまった皮脂だと思うのですよ。予定を書いてから時間がかなりたっているのでしつこい皮脂になってしまって。ハンカチで拭いてもかたくなにとれない。

消ゴムでこすれば書けるんだけど

ちょっと調べて見たんですけど、皮脂で書けない場合は消ゴムで書こうとしている場所をこすってみるといいと。

消ゴムで一行ぶんこすっておけば確かに書けるんですけど消ゴムってどちらかといえばピンポイントじゃないですか。消ゴムでこすれなかったところがやっぱり書けないんですよ。

書けたと思って気持ちよく書いていたらまた書けなくなる。

もうね、あきらめてシャープで書くことにしました。 そのページは前半はボールペンで書いて後半はシャープで書くことに。手帳にはコントラストのはっきりとしたボールペンの字がよかったんですけどしかたがない。

たぶん、同じことが今の使い方をしているとまた起こるんじゃないかと思うんですよ。突然そのページだけ書けなくなる。

どうせならシャーペンだけで記入するようにしちゃおうかな。

「来年は能率手帳ゴールド、せっかくだからシャープもそれにあうようなちょっとお高いペンにしてしまおうかなぁ」なんて妄想が頭をよぎる。

まとめ

皆さんもボールペンで突然書けなくなったときはシャーペンで書いてみませんか。イライラして何度も書いているよりすっきりと書けますよ。

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク