読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

真鍮製のキャップが心地いい。持ち歩き用にブラスプロダクトペンシルを買いました。

鉛筆を使いだしたらどんどん気になりだして気になる鉛筆について以前記事にしました。

www.chml-iwbht.net

ブラスプロダクト ペンシルについて紹介したのですけど、先日やっぱり購入してしまいました。

鉛筆を常に持ち歩きたい

鉛筆って、ボールペンよりもシャープペンシルよりも書き心地が柔らかいですよね。

わたし、アイディアを書きながら膨らましているんですけど、その時に使っているのがトラベラーズノートと万年筆の組み合わせ。

万年筆だと筆圧も強くなくて記入できるので思考を邪魔しないんですね。

鉛筆は書き心地が柔らかくて、筆圧強くなくてもさらさらと書ける。

最近、会社でも鉛筆を使用するようになったんですけど思考を邪魔しないからすらすらとアイディアを膨らますことができています。

だったら、普段使いに、持ち運びできる鉛筆が欲しいなぁと。

今回はコンパクトにもなるし、使っているうちに味が出てくる真鍮製のブラスプロダクト ペンシルを選びました。

開封

さぁ、開封していきます。

まずはパッケージからです。ちょっと値が張るだけあってちゃんとケースに収まっての販売形態です。

取り出してみました。ライフルの弾みたいな形状ですね。

真鍮が今は輝いているけどしばらくすると黒ずんでいい感じになるでしょう。

中にはこんな感じに鉛筆が格納されております。

キャップの先端には大きな消しゴム。

使用する場合はこのように鉛筆をキャップにこのように装着します。

この鉛筆、専用リフィルがあります。

鉛筆自体は六角形でなくて丸なんですけど、どうやら一般的なサイズらしいく、ただ短いだけ。

鉛筆を使い切ってしまったらサイズがあいそうな鉛筆を持ってきても使用できそうです。

また、この鉛筆はふつうの鉛筆に比べて短いので常用するにはつらいかもしれません。

外でスケッチするなどの用途ならばふつうの鉛筆のがいいでしょう。

わたしは主に外出時のメモ書きに使用する予定なので気にならない。

ブラスプロダクトのコンセプトについて。

長く使っていくうちに独特の味わいがでる。

ブラスプロダクトというかトラベラーズノートシリーズ全体としてですけど、気に入った文具を長く使うというコンセプト、わたしはかなり好きですね。

まとめ

さて、この短い鉛筆がどのくらいの期間で使い切ってしまうのか、楽しみです。

スポンサーリンク