きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

関の技術が活きている 匠の技 ステンレス製 高級つめきりは切れ味抜だった

みなさん、爪切りってどうされてますか?

最近だとすごく安く売っていますよね。

わたしも前は安いのを使っていたんですけど最近変えました。

以前、高山に旅行に行った時に買った匠の技 ステンレス製 高級つめきりが切れ味抜群で。

力を入れずに爪を切ることができる

爪を切るときのイメージって、爪切りに力を込めて、エイって爪を切る感じじゃないかなと思うんですよ。

それはもう爪を切っているとわかるぐらいにパチンパチンって音がして。

でもね、最近使い出した匠の技 ステンレス製 高級つめきりは違う。

軽めに抑えても爪が切れる。

音も控えめにパチンパチンって。

刃物の街 岐阜県関市で作られたらしいですけど、切れ味がいい刃物って余分な力とかかけずに切れる。

切れ味がいいから爪の隅っことかを攻めるときも力まず切れる。

力まないから安全に安心して切れますよ。

控えめに主張するヤスリ

切った後の爪を整えるヤスリ、この爪切りのヤスリは控えめなんです。

爪切りの真ん中に棒状にあるだけ。

しかもヤスリの部分だけくぼんでいる使い始めは使いにくい。

コツつかむまでは爪がヤスリ面に当たらない。

でも、慣れてくるとよく考えられているなぁと思う。

ヤスリ面がくぼんでいるから持ち運んだ時に他のものをヤスってしまはないですむ。

でも、しっかり爪の形を整えることができる必要で最小限な形。

そもそも、切れ味がいい爪切りなので、爪切り自体で爪の形を整えることができる。

ヤスリは最後の最後に角を落とす程度。

だから、そんなに大きなヤスリなんて必要ないってことなんだろうなぁ。

まとめ

切れ味がいいためか、切った爪が勢いよく飛んで行ってしまうのがちょっと残念なんです。

で、調べていたら、最新型なら飛ばないようにキャッチャーがついているみたい。

たまにはお高い爪切り、いいですよ。

スポンサーリンク