100円で万年筆が買える時代! ダイソーで万年筆を買ってみたよ

すごい時代になりましてね、ダイソーで100円で万年筆が買えました。びっくり。
ちょっと興味本位で購入してみました。

外見はこんな感じ、普通のポップな感じの万年筆ですね。
わたしが訪ねた店頭で一番在庫が多かったオレンジインクです。
これって人気がなかったということ?

100円なのにしっかりインク取り換え式です、しかも2本のインクカートリッジが付いてきます。店頭ではインクカートリッジだけも販売していましたし、インクカートリッジがなくなったら交換して繰り返し使えますね。

ペン先はこんな感じです。

インクのセットの仕方ですが一般的なカートリッジ式万年筆と全く同じで、本体の回して半分に分解して、ペン先の方へインクを差し込みます。

使い始めはインクがペン先まで下りてくるのに時間がかかりました。その間に、同じような形のヨーロッパの共通規格のインクカートリッジをもってきました。
よこに並べてみましたけど、ちょっと大きさが違いそう。どこの規格のカートリッジなんだろう。また今度調べようかな。

やっとインクが下りてきました。
手元にあったマルマンのレポート用紙に試し書きします。
色が薄い!

オレンジだと色が薄いですね。だから人気がなかったのかな。
白い紙だとこの程度なんですけど、ちょっとクリーム色の紙だとインクの色と紙の色のコントラストが少なくて見にくい!オレンジだと紙色を選びそうですね。

インクの裏抜け、これならば大丈夫そうですね。もう少し紙の厚さが薄いとしっかり表の文字が読めてしまうかな。

書き味なんですけど、ペン先が固くちょっと引っ掛かりがある感じです。かりかりっと書いていく感じ。ここのあたりは値段なりということでしょうかね。

この万年筆、キャップにシーリングがあってペン先が乾きにくいとありますが、数日放置しておくとしっかりペン先からインクが引いていました。その後の書き始めは、しばらくインクが下りてくるのを待たないといけませんでした。
ただ、100円でここまでの万年筆が手にはいると考えるとすごいことですよね。

スポンサーリンク

まとめ

お手軽価格の万年筆ですので、気軽に持ち歩いて使っていくのもいいですよね。