OneNoteの使い方を考える

放置していたOneNote

アカウントを取得後、Evernoteと併用する意味を見つけられなく、PCはソフト導入だったので面倒になり、
iPod touchだけで少し使っただけで放置しておりました。
でも、せっかく無料でつかえるのだから使ってみようと検討しております。

ライフログ保存を検討

OneNoteの無料アカウントはOneDriveにひも付されており、容量が15GBしかありません。
Evernoteのようにトータルの使用容量は無制限というわけでないので
ライフログ保存用としては厳しいかな。

ためしにblogの記事のバックアップをしてみようと、ブログ更新したらIFTTT経由でOneNoteへ保存するように
設定しましたが、保存された記事は全て同じ大きさのフォントで改行と隙間はない文章になっていて
とても読みづらい。ちょっとこのままでは使えないですね。

ブログネタを育てる場所として

ブログネタを考えるときは思いついたときにメモ帳に記入しておく。
いくつも思いつくことがあれば1記事分しかないときも。いくつも思いついたときには
メモ帳にそのままストックしておいて後日見返して記事に起こすことをしていますが、
このストック用に使えないかと。

ブログネタを思いついたときにメモ帳に記入する、
OneNoteにも記入しておいて見返すのはOneNote側、
メモの追記もOneNoteなら元のメモの下にできるので時折見返しては育てていく、
実際に記事にするとき、メモ帳にアウトラインの検討がてら転記して
PCやiPhoneで整形していく。この流れならいけそうですね。

テキストファイルなのでファイル容量も気にすることなく
どんどんアイディアを記録していけそうです。

EvernoteとOneNoteとの使い分けは?

Evernoteはトータル容量が無制限なのでライフログの保存用として適しているかと思っています。
毎日自分のデータを保存する、自分用のDBとして使う。
写真も動画もPDFも何でも保存して、見たいときに閲覧できるように。

OneNoteはアイディアの保存用として使うのがいいかなと思っています。
メモをさっと記入して見返して追記して育てていく。
実際に文章にするまではいかない、アイディアを膨らませるツールとして。

これならいけそうな感じがします。

まとめ

放置ぎみだったOneNoteの活用についてブログ記事を利用して考えをまとめてみました。
実際にこの使い方で使ってみてどうだったか後日報告できればと思います。

Microsoft OneNote | The digital note-taking app for your devices
Microsoft OneNote

無料
(2018.07.22時点)
posted with ポチレバ