改めて思う、健康は大切だ

体調不良で一日寝ていました。

飛び込みで舞い込んできた仕事をたくさん処理したり残業をしていたり、
無理をしていないつもりでいたのですが、どうやら少しづつ無理をしていたようで疲れが
積もってとうとう風邪をひいてしまい、日曜日の午後から月曜日の昼まで、1日ほど寝込んでいました。
月曜日の昼すぎにはかなり体調が戻ってきていたので仕事に行くことも考えましたが
エンジン全開での作業はまだ無理なので自宅でそのまま休暇とし、
PCも触らずブログも書かず、読書したり手帳にあれこれ書いたりと、
あえてゆったりと過ごしていました。

タスク管理して自由に使える時間を増やせれても風邪で寝込んでしまったら意味がない

私のタスク管理の原点は自分の好きなことに使える時間を増やすこと、
公私ともに忙しくなってきてそのままでは全く自分の時間が作れない、
タスク管理で時間の使い方を効率化して自分の好きなことに使う時間を増やそうとの思いです。

でも、せっかく公私ともにタスク管理して好きなことに使える時間を増やそうとしても
風邪で寝てしまったら意味がない。
翌日以降は納期が迫る未処理案件に追われてしまって、
好きなことに使える時間がなくなってしまう。
努力が水の泡です。

タスク管理とともに健康管理もしていく

タスク管理だけして好きなことに使える時間を増やそうとしていましが
それだけでは少しづつ無理をしてしまう可能性があると今回のことでわかりました、
タスク管理と健康管理もしっかりしなくてはいけないと。

「疲れ気味かな?」とか「ちょっと無理をしつづけているな」とか自分の体を気遣う、
「最近、朝がとってもつらいことが多いぞ」とか「午後はすごく眠いぞ」とか
自分の体の声に耳を傾けることが必要ではないかと。

タスク管理だけに集中するのではなくて、自分の体調も管理する、
なんだったらタスクとして休憩を入れてしまい、その時間はぼ~と何もしないぐらいで
いいんじゃないかと思っています。