いつまでも自分でいたいから常に自分で考える

皆さん、運動されていますか?定期的に運動していないと体力ってどんどん落ちてきてしまいますよね。

頭も同じだと考えていて、ちゃんと使ってやらないと脳力がどんどん低下してきてしまうのではいかと。

今回はこのあたりをまとめてみます。

鍛えていかないと脳力も低下する

学校にいるときは運動なんて全然意識しなくても体力はキープできていたのに、
会社に行くようになってオフィスで仕事してるだけだとどんどん体力が低下してきてしまう。
昔は徹夜で遊んでいたけど今は厳しい・・・、なんてよくある話ですよね。

この話、体力だけのことじゃないと考えています。
頭も使ってやらないとどんどん記憶や判断能力が落ちてきてしまうと。

たとえば、計算するのに暗算だと面倒だから電卓で計算してしまう。
そういえば若いころは暗算なんてすぐにできたけど、今では2ケタの暗算するのにも必死、しかも間違えるし。
なんてこと、ありませんか?

体力も脳力も常に鍛えておかないとどんどん低下してきてしまうと思うのです。

脳力を日常でも鍛える

脳力が低下しないように。でもどうしたら?
ゲームとかで脳力を鍛えるってのがありますけど、
私は日常生活でなるべく自分で考えるようにしていますよ。

仕事で難解な課題があったとしても、すぐに知っている人に聞きに行くのではなくて、
まずは自分なりの(わからないなりの)解を出してみる。

計算機はなるべく使わない、なるべく暗算で勝負する、
そして心配なら計算機で検算する。

身の回りの当たり前に「なぜ?」と疑問を持ってみる。
そして自分なりの解を見つけてみる。

とにかく自分で考えてみる。

でも考えるの辛いし・・・

難しい課題が目の前にあるとき、自分で考えるのって辛い作業だと思うのですよ。
他の人が答えを持ってきてくれるのならそれが一番楽ですよね。

でも、自分で考えたことによる結果と他の人が考えてくれたことによる結果とでうまくいかなかった場合を考えると、
自分で考えた場合は結果について納得がいきますが、
他の人が考えてくれた場合は納得いかなくて腹が立ってくる。

そう考えると自分で考えるのがいいのかなぁ。
自分で考えるって、主体的になるってことかなぁ。
せっかくだから年をとってもずっと主体的でいたいですよね。

まとめ

脳力を鍛えることについてまとめてみました。
頭も体も動かしてナンボ、頑張りますよ。