ジェットエースの鉛筆をなくしてしまった、手帳用ボールペンを使うことにしたよ。

気がついたら鉛筆がなくなっていた

今月のはじめから使い始めたダイゴのジェットエース、鉛筆がついているのでさっと書くことができて、わたしのメモライフの中でとても活躍しております。

小さなメモ帳が欲しくてダイゴのジェットエースを買いました
メモ帳としてダイゴのジェットエースを買いました。手に取ってみると、とても小さな手帳です。今回はこのあたりをまとめてみます。トラベラーズノートのパスポートだと少し大きて持ち歩けていないROHDIAを使ったり、トラベラーズノ...

ところがです。

このジェットエースにはなくてはてらない鉛筆、よりによってなくしてしまいました。

鉛筆がないとさっと書けない!

ペンは気にする必要なくて、メモ帳だけを持っていればどこでも書くことができるのがメリットなのに!

筆記具がなければジェットエースの小さいメモ帳に鉛筆がついているという魅力が半減なのです。

専用の鉛筆だけ別売りしている

ジェットエースの鉛筆は単体でも購入することができます。

公式サイトを見ると鉛筆だけでも沢山種類があって。

さらに鉛筆だけでなく専用の鉛筆削りもあるんですよ。

ダイゴさんのこだわりを感じられますね。

で、この鉛筆、単体で買うとなると意外とするんですよ。

「鉛筆がないジェットエースはジェットエースにあらず、ええぃっ、購入してしまえ!」

と勢いで購入してもいいのですけど、ここは冷静になりまして。

手元にある手帳用ボールペンを使えないかとためしてみようかと。

鉛筆の代わりに手帳用ボールペンを使う

手元にあるのはゼブラの手帳用ボールペン、トラベラーズノート パスポートにさっと書くために常駐させていたものです。

手帳用ボールペン、するっとジェットエースに入ります。軸のサイズはちょうどいいみたい。

でも、少し長くて、頭が1cmぐらいでてしまいます。このぐらいならば使用上には問題なく。

ジェットエースに新しい相棒の手帳用ボールペン、このペアならば仲良くいけそうな感じです。

改善点、さっと開くためにしおり紐が欲しい

これでメモ帳と筆記具を一緒に持ち歩くことができるようになりましたが、一つ問題が。

元々ついていた鉛筆にはしおりの紐がついていたのですけど、なくなってしまったのでさっとページを開くことができない。

このままですと、メモしたいときに、新しいページを開くのにもたもたとしてしまうので、機動性が少し低下する。

手帳用ボールペンにあう紐を見つけないといけません。

まとめ

手帳用ボールペンとジェットエース、しばらくつかっていますが、しおりがないことを除けば、いいコンビなのです。

最近、細かいものをなくすことが増えていまして、今度は手帳用ボールペンなくさないように気をつけないとなぁ。