持ち歩きタブレットにはカバーが欲しくなる、Fire HD8に純正カバーを買ったよ

Fireタブレット、3サイズの中の真ん中の物に当たるFire HD8を普段の持ち歩きに使用しております。

今までは何もつけずに裸でFire HD8を持ち歩いておりましたが、先日純正のカバーを導入しました。

今回はこの辺りをまとめてみます。

タブレットを裸では持ち歩きしにくい

Fire HD8は購入時に液晶画面を保護するフイルムを付けて、裸で使用しておりました。

余分なものがないので、軽くて薄くて持ち歩きにはいい!

でも、カバンに無造作に入れていると他のものが当たって傷がつくのでは?とか、カバンからの出し入れで液晶フイルムがめくれてくるのでは!とか気になりだしまして。

傷がついたりこすれたりが気になって裸で持ち歩くのは早々にやめることにしました。

100均のケースは出し入れが面倒になってきた

100均でちょうどいいサイズの袋を購入しまして、それに入れて持ち運ぶようにしました。

裸で持ち歩くよりは擦れたり傷ついたりは防げるかなと。

確かに裸で持ち歩くよりは安心感はあるのですけど、どうも袋からの出し入れが面倒で。

サイズもギリギリの袋を使っていたこともあり、サッと出し入れできず、20秒ぐらいかけて袋からの出し入れしていまして、これが面倒で。

液晶画面も守ってくれる純正のカバーをつける

いろいろと試してきましたけど、結局、純正ケースを購入しました。

性能としては、7インチと10インチのFireタブレットで純正ケースを使用しているすので、十分わかっての購入です。

純正ケースのいいところは、

  1. 背面だけでなく液晶画面を覆うカバー
  2. そのカバーがスタンドとしても利用可能
  3. そのカバーの開閉に連動して自動的にスリープになる

というところでしょうかね。

キズを防ぎカバンからサッと取り出してサッとしまうことができることを求めていましたので、前面にカバーがついてスリープへ自動的になるというのが純正ケースにしてうれしいです。

ただ、そのかわり、裸で使うよりも少しサイズが大きくなり重くなりますけど。

まとめ

タブレットを持ち運びするとどうしてもキズはつくし、サッとカバンから出し入れできることが必要。

その解としてケースをつけるっていうのはどうでしょう?