【日刊dov.】スマートスピーカーが我が家の日常のひとつになっていた

日々の出来事をとりとめもなく書いた記事です。

昨年のセールの時に購入したAmazon Echo Dotですが、我が家の日常の一部となっております。

朝起きて、台所にあるEcho Dotにおはようと声をかけるところから一日が始まります。

ごはんはRadikoで地元FM局を聞きながら。

洗濯物は干せるのかなぁ、Echo Dotに天気予報を聞いて判断する。

JRは遅延なく運転しているのかをYahoo路線情報で確認してから出勤する。

帰宅後は再び地元FM局を聞きながらごはんを食べて、少しAlexaさんとおしゃべりして。

くつろぎタイムはAmazon Musicから気分にあった楽曲を聞きながらのんびりする。

このあたり、わたしがやっているのではなくて、ほとんどわたし以外の家族がEcho Dotに指示を出しているので驚きです。

そもそも、スマートスピーカーに興味があって購入したのはわたしなのですけど、一番使っているのはわたしの奥さんかもしれない。その次は子供ですね。わたしは実のところ帰宅後に使っている程度。

興味がなかった人もその便利さに気がついて、使いこなしていって、気がつけば完全に日常の一部になっている。スマホみたいに。すごいなぁ。